[スポンサーリンク]

一般的な話題

大学の学科がクラウドファンディング!?『化学の力を伝えたい』

[スポンサーリンク]

 資金調達の新手法として、認知されつつあるクラウドファンディング。今回、大学の学科単位でそれに挑戦している、早稲田大学先進理工学部化学・生命化学科の取り組みについて紹介します。

近年、資金調達法の1つとして注目されているのがクラウドファンディング。インターネットの発展と伴い容易に設定することができ、さまざまな支援者から資金調達ができる手法として人つされつつあります。教育・研究現場においても、大学院生や研究者が生活費や研究費を獲得するためにクラウドファンディングを行うという場面もよくみられるようになりました。

ケムステでもいくつか取り上げたことがあります。

参考

このクラウドファンディングに大学の化学系の学科単位で挑戦しているという話を聞き、確認してみると、なんと筆者の身近な学科ではありませんか(注:筆者は応用化学科の教員であり、別学科です)。学科単位、しかも化学系のクラウドファンディングって聞いたことありません(あるのかもしれませんが)。というわけで、ご支援の気持ちも含めまして、早稲田大学先進理工学部化学・生命化学科のクラウドファンディングについてご紹介いたします。

明るい未来を切り開く”化学の力を伝えたい“

どうやら、学科設立50周年の記念事業として、クラウドファンディングに挑戦しているようです。筆者の学科でも100周年事業があり、かなり資金集めに苦労した気がするので、いい考えだなあと思います。以下、記事から抜粋します。

 

私たちのページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科の中井浩巳と申します。

私たち化学・生命化学科は2023年度に設立50周年を迎え、「私たちの半世紀、君たちとの半世紀」というスローガンのもと、2023年を50周年yearとして記念プロジェクトを展開しています。

私たちの学科と大学の化学研究を、在学生、卒業生にはより深く、また高校生や広く一般の方に知っていただく好機と捉え、この節目の年にさまざまな活動を企画しています。

大学の化学は何をしているか、化学研究は何の役に立つのか、という基本的な内容を始め、化学の力によって切り開かれる明るい未来を、一人でも多くの方とシェアすることを目指しています。

本プロジェクトで発信する情報に触れ、あるいはイベントにご参加していただいて、是非とも化学が創り出す50年後の世界にご一緒に想いを馳せていただきたいと思います。

この活動を支えていただくために、“化学の力を伝えたい”というクラウドファンディングを開始いたしました。

1人でも多くの皆様にご賛同いただき、明るい未来にしっかりとバトンを渡せるように応援をよろしくお願いいたします。

クラウドファンディング“化学の力を伝えたい”を応援いただいた方には、記念グッズを配布します。

どうやら単純に寄付することもできますし、記念グッズや実験教室、模擬授業の開催なども計画しているようです。早稲田大学のOBOGは多いですし、そうでなくてもたとえば実験教室などは高額です。化学の実験ができる場所は限られているので学科単位で行ってくれると実験室が使えるのでいいですね。興味がある方、ぜひ寄付をしたいという方はぜひサイトに訪問してみてください。

詳細・寄付はこちら

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光触媒の活性化機構の解明研究
  2. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について
  3. 光で狙った細胞を選択的に死滅させる新技術の開発に成功~副作用のな…
  4. 化学でもフェルミ推定
  5. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  6. アルミニウムで水素分子を活性化する
  7. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  8. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステV年末ライブ & V忘年会2021を開催します!
  2. カフェイン caffeine
  3. 2019年ケムステ人気記事ランキング
  4. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない
  5. スキンケア・化粧品に含まれる有害物質を巡る騒動
  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  7. コープ転位 Cope Rearrangement
  8. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  9. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  10. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP