[スポンサーリンク]


転職

  1. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

    研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダーと回答される方は多い。どの職種においても、人を動かし、組織を動かす力というのは目指すべき方向としては真っ当である。ただ「研究のリーダー」と言…

  2. 研究職の転職で求められる「面白い人材」

    ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

  3. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回

    ポスドク及びアカデミアの研究者については、いわゆる民間企業への「就職活動」が初めてという方が少なくあ…

  4. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる

    今回は、アカデミックから民間企業の研究開発職(品質管理等は除く)に転職する場合を考えてみたいと思いま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  2. 化学者の単語登録テクニック
  3. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  4. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  5. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  6. ジアゾカップリング diazocoupling
  7. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

注目情報

最新記事

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

PAGE TOP