[スポンサーリンク]


転職

  1. 「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

    仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。しかし、企業が採用したいのは「前の会社で評価され、成果を出している人」である。結果的に「今の会社で評価されること」が、転職への一番の近道となり…

  2. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

    基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

  3. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

    転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

  4. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い

    先日、ある再生医療関係の企業で候補者が内定を承諾した。数カ月悩んだ末の返事であっ…

  5. 勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

    総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

  6. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢

  7. 最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた

  8. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

  9. 研究職の転職で求められる「面白い人材」

  10. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回

  11. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  2. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  4. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  5. Scifinderが実験項情報閲覧可能に!
  6. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  7. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP