[スポンサーリンク]


選択性

  1. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることでを作り分ける。ビニルエチレンカーボネート(VECs)を用いた反応近年、ビニルエチレンカーボネート(VECs)から脱炭酸により生じるP…

  2. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

    触媒の配位子で位置選択性を制御できるヒドロチオ化反応が開発された。本反応はアミノチオエーテル化合物の…

  3. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?

     "On the Practical Limits of Determining Isolate…

  4. SelectfluorR

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ
  2. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  5. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  6. アルケンのE/Zをわける
  7. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP