[スポンサーリンク]

archives

SelectfluorR

mfcd00142607.gif

【Aldrich 】
 
SelectfluorR:1-Chloromethyl-4-fluoro-1,4-diazoniabicyclo[2.2.2]octane bis(tetrafluoroborate)
分子量:354.26
CAS: 140681-55-6
製品コード: 439479
値段:  5g  4,700円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 空気や湿気に対しても安定で揮発性が低く、非常に使いやすい求電子的なフッ素化試薬。様々な有機化合物をワンステップでフッ素化することができ、しかも多くの場合に優れた立体選択性を示す。
文献:  For a review of recent highlights: Singh, R. P. and Shreeve, J. M. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 31.
その他の求電子的試薬試薬: 酸化反応、フッ素化剤(Aldrichカタログ, PDFファイル)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  2. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  3. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  5. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  6. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  7. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  8. 向山酸化剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 宮沢賢治の元素図鑑
  2. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  3. トビアス・リッター Tobias Ritter
  4. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  5. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  6. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託
  7. 天才児の見つけ方・育て方
  8. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  9. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加
  10. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP