[スポンサーリンク]

archives

SelectfluorR

mfcd00142607.gif

【Aldrich 】
 
SelectfluorR:1-Chloromethyl-4-fluoro-1,4-diazoniabicyclo[2.2.2]octane bis(tetrafluoroborate)
分子量:354.26
CAS: 140681-55-6
製品コード: 439479
値段:  5g  4,700円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 空気や湿気に対しても安定で揮発性が低く、非常に使いやすい求電子的なフッ素化試薬。様々な有機化合物をワンステップでフッ素化することができ、しかも多くの場合に優れた立体選択性を示す。
文献:  For a review of recent highlights: Singh, R. P. and Shreeve, J. M. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 31.
その他の求電子的試薬試薬: 酸化反応、フッ素化剤(Aldrichカタログ, PDFファイル)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. チアゾリジンチオン
  2. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  3. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  4. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  7. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  8. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  2. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  3. 分子模型を比べてみた
  4. マッテソン反応 Matteson Reaction
  5. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  7. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より
  8. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  9. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  10. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP