[スポンサーリンク]

archives

SelectfluorR

[スポンサーリンク]

mfcd00142607.gif

【Aldrich 】
 
SelectfluorR:1-Chloromethyl-4-fluoro-1,4-diazoniabicyclo[2.2.2]octane bis(tetrafluoroborate)
分子量:354.26
CAS: 140681-55-6
製品コード: 439479
値段:  5g  4,700円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 空気や湿気に対しても安定で揮発性が低く、非常に使いやすい求電子的なフッ素化試薬。様々な有機化合物をワンステップでフッ素化することができ、しかも多くの場合に優れた立体選択性を示す。
文献:  For a review of recent highlights: Singh, R. P. and Shreeve, J. M. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 31.
その他の求電子的試薬試薬: 酸化反応、フッ素化剤(Aldrichカタログ, PDFファイル)
 

関連記事

  1. トルキセン : Truxene
  2. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  3. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. ショウガに含まれる辛味成分
  6. Grubbs第一世代触媒
  7. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  8. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  2. 長期海外出張のお役立ちアイテム
  3. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法
  4. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  5. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  6. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  8. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  9. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化
  10. 化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP