[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

[スポンサーリンク]

Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで[5,5]および[6,5]を作り分ける。

ビニルエチレンカーボネート(VECs)を用いた反応

近年、ビニルエチレンカーボネート(VECs)から脱炭酸により生じるPd–p–アリル種Iが多様な反応へと展開可能な反応中間体として注目を集めている(図1A)。
これまでの研究で、Iは求電子的Pd–p–アリル種として、あるいは求核的アルコキシドとして反応することが知られている。求電子的Pd–p–アリル種として振る舞う例として、Kleijらは、アニリンや水などのヘテロ原子求核剤をIに反応させることで末端あるいは内部選択的な付加反応が進行することを報告した[1]。一方、Iを求核的化学種として用いた例としては、Zhangらが報告した、Iがアルデヒドやイミンなどの求電子剤と反応し、[3+2]付加環化反応による5員環合成があげられる[2]。また、本論文の著者であるZhaoらは以前に、Iを五原子ユニットとして用い9員環合成法を開発している[3]。ごく最近Gloriusらは、Pd/NHC共触媒を用いた高立体選択的なVECsの[5+2]付加環化反応を報告した[4]
今回、Zhao教授らは、二種類のPd/Lewis酸協奏触媒存在下、オーロンとVECsとの反応において、[5,5]あるいは[6,5]スピロ複素環の選択的合成に成功したので紹介する(図1B)[5]。特筆すべき事に、Ti(OiPr)4を共触媒とした際、Iが求核的ジエノラート種IIへと変換され、四炭素ユニットとして機能するという新たなVECsの反応性が見出されている。

図1. 求電子剤あるいは求核的アルコキシドとしてのVECsの反応(A)と求核的ジエノラートとしてのVECsの反応(B)

 

Palladium-Titanium Relay Catalysis Enables Switch from Alkoxide-π-Allyl to Dienolate Reactivity for Spiro-Heterocycle Synthesis
Yang, L. C.; Tan, Z. Y.; Rong, Z. Q.; Liu, R.; Wang, Y. N.; Zhao, Y. Angew. Chem., Int. Ed.2018, 57, 7860.
DOI:10.1002/anie.201804160

論文著者の紹介


研究者:Yu Zhao
研究者の経歴:
-2002 BSc, Peking University (Prof. Limin Qi)
2003-2008 Ph.D, Boston College (Prof. Marc L. Snapper& Amir H. Hoveyda )
2009-2011 Posdoc, Massachusetts Institute of Technology(Prof. Richard R. Schrock)
2011-2017 Assistant Professor, National University of Singapore
2017- Associate Professor, National University of Singapore
研究内容:触媒反応開発と、創薬化学と材料科学への応用

論文の概要

著者らはすでに報告した9員環合成[3]をさらに展開すべく、7員環合成法の開発を狙い検討をはじめた。その際、Lewis酸触媒を添加したところ、意図せずスピロ環3が得られることを発見した(図2A)。種々検討の結果、Lewis酸としてMg(OtBu)2を用いた際、最も高い収率で[5,5]スピロ環3を与えた。一方、Ti(OiPr)4を用いた際、[6,5]スピロ環4が得られた(図2B)。

本反応は、ジアステレオ選択的に進行し、[5,5]および[6,5]スピロ環体のどちらにおいてもほぼ単一のジアステレオマーが得られる。本反応には電子豊富および電子不足芳香環をもつ1、また、アリールやアルキル基をもつ2など、幅広い基質が適用可能である。
本反応では、ルイス酸による化学選択性のスイッチングもさることながら、特にTi(OiPr)4を用いた際に[6,5]スピロ環4が得られる反応の機構に特に興味がもたれる。著者らは副生成物にエナールが得られることと、不斉チタン触媒を用いることで60%eeが発現する事実から以下の[6,5]スピロ環4生成機構を提唱した(図2C)。まず2がパラジウム(0)に酸化的付加し、脱炭酸を経てIを形成する。次にIがTi(OiPr)4と配位子交換してσ-アリルパラジウム種IIIを形成したのち、パラジウムのb–水素脱離によりジエノラートIIとなる。その後、II1-[Ti]にビニロガスマイケル付加し、続く分子内アルドール反応によって4が得られる。
以上、二種類のPd/ルイス酸協奏触媒により、VECsを用いた新規スピロ環合成法が開発された。特に、チタン触媒存在下では新たにVECsをジエノラート等化体として振る舞わせており、今後さらなるVECsを用いた新規反応開発の展開が期待できる。

図2. 基質適用範囲(A and B)と反応機構(C)

参考文献

  1. [a] Guo, W.; Martínez-Rodríguez, L.; Kuniyil, R.; Martin, E.; Escudero-Adań, E. C.; Maseras, F.; Kleij, A. W. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 11970. DOI: 10.1021/jacs.6b07382[b] Cai, A.; Guo, W.; Martinez-Rodriguez, L.; Kleij, A. W. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 14194. DOI: 10.1021/jacs.6b08841
  2. Khan, A.; Yang, L.; Xu, J.; Jin, L. Y.; Zhang, Y. J. Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53, 11257. DOI: 10.1002/anie.201407013
  3. Yang, L. C.; Rong, Z. Q.; Wang, Y. N.; Tan, J. Y.; Wang, M.; Zhao, Y. Angew. Chem., Int. Ed. 2017, 56, 2927. DOI: 10.1002/anie.201611474
  4. Singha, S.; Patra, T.; Daniliuc, C. G.; Glorius, F. J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 3551. DOI: 10.1021/jacs.8b00868
  5. ほぼ同時期にKleijらは、機構的に本反応と類似した、VECsの自己カップリングによるアリル位のアルキル化を報告した。Guo, W.; Kuniyil, R.; Goḿez, J. E.; Maseras, F.; Kleij, A. W. J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 3981. DOI: 10.1021/jacs.7b12608
山口 研究室

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  2. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  3. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御す…
  4. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  5. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  6. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-…
  7. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  8. 磁力で生体触媒反応を制御する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  2. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加
  3. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2
  4. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  5. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  6. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  7. モルヒネ morphine
  8. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  9. 甲種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  10. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP