[スポンサーリンク]


酵素工学

  1. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラスコ内での有機反応では中間体が不安定で目的の反応が進行しにくいという場合でも、酵素を用いれば多点相互作用により中間体が安定化され、効率良く目…

  2. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

    ピーター•リードレイ(Peter Leadlay,19xx年xx月xx日-)は、…

  3. ベン・シェンBen Shen

    ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化…

  4. ロルフ・ミュラー Rolf Muller

    ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザ…

  5. アルドール・スイッチ Aldol-Switch

    CHSとSTSの酵素反応機構。たった、ひとつのアミノ酸残基が変わっただけで、環化反応の形式が変わる。

  6. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

スポンサー

ピックアップ記事

  1. チエナマイシン /thienamycin
  2. ノーベル化学賞への道公開
  3. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  4. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  5. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)
  6. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  7. リニューアル?!

注目情報

最新記事

静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

PAGE TOP