[スポンサーリンク]


酵素工学

  1. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラスコ内での有機反応では中間体が不安定で目的の反応が進行しにくいという場合でも、酵素を用いれば多点相互作用により中間体が安定化され、効率良く目…

  2. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

    ピーター•リードレイ(Peter Leadlay,19xx年xx月xx日-)は、…

  3. ベン・シェンBen Shen

    ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化…

  4. ロルフ・ミュラー Rolf Muller

    ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザ…

  5. アルドール・スイッチ Aldol-Switch

    CHSとSTSの酵素反応機構。たった、ひとつのアミノ酸残基が変わっただけで、環化反応の形式が変わる。

  6. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 元素手帳 2018
  2. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  3. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  4. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  5. 元素生活 完全版
  6. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  7. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

PAGE TOP