[スポンサーリンク]


酵素工学

  1. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラスコ内での有機反応では中間体が不安定で目的の反応が進行しにくいという場合でも、酵素を用いれば多点相互作用により中間体が安定化され、効率良く目…

  2. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

    ピーター•リードレイ(Peter Leadlay,19xx年xx月xx日-)は、…

  3. ベン・シェンBen Shen

    ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化…

  4. ロルフ・ミュラー Rolf Muller

    ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザ…

  5. アルドール・スイッチ Aldol-Switch

    CHSとSTSの酵素反応機構。たった、ひとつのアミノ酸残基が変わっただけで、環化反応の形式が変わる。

  6. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハウアミンAのラージスケール合成
  2. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  3. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  4. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  5. 英会話とプログラミングの話
  6. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  7. ケミカル・ライトの作り方

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP