[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学と株価

最近難しい話ばかりなのでたまにはちょっと違った観点から化学をみてみましょう。題して

 

化学と株価

 

違いすぎる・・・・・・・。研究者のみなさんは円相場や株価等に疎い人が相対的に多いと思います。私もその一人。みなさん今円相場がいくらかしっていますか?株価に興味がありますか?ほとんどの人がNoというでしょう。私もその一人。ただし円相場には相当興味があります。というわけで、たまにはその辺でも見てみることにしましょう。

 

円相場の現状

円相場に関しては日本から給料をいただいているので、非常に興味があります。私が来た頃は1ドル=117円ほどでした。しかし、今は1ドル=123円後半。かなりの違いです。具体的にいえば日本円で700万円もらっていて、それをそのままつかっていたとすると、当初は約59829ドルのはずでした。それが現在は約56451ドル。3000ドル近く消えてしまったのです。

3000ドルといったら、カフェテリアでの昼飯がおよそ600日食べれます。非常に痛い。安い時にドルに換えておけば全く問題ないですけれども。

 

株価は?

さて、本題の株価。現在の日経平均株価は18,188.63円。先日約7年ぶりの高水準となりました。7年前といったらITバブルと言われた時期です。ところでこの日経平均株価とはどのように出しているのでしょう?

 

「日経平均株価は「ダウ式平均」によって算出する指数です。基本的には225銘柄の株価の平均値ですが、分母(除数)の修正などで株式分割や銘柄入れ替えなど市況変動以外の要因を除去して指数値の連続性を保っています。
指数算出の対象となる225銘柄は東京証券取引所第1部上場銘柄から流動性・業種セクターのバランスを考慮して選択しており、株式市場の動向を敏感に伝えます。」(引用:
日経平均プロフィール

 

つまり基本225銘柄の平均値なのですね。業種別に分かれており、化学の分野においては

 

4188 三菱ケミHD (株)  三菱ケミカルホールディングス
4004 昭電工                 昭和電工(株)
4005 住友化                 住友化学(株)
4021 日産化                 日産化学工業(株)
4041 日曹達                 日本曹達(株)
4042 東ソー                 東ソー(株)
4045 東合成                東亞合成(株)
4061 電化                   電気化学工業(株)
4063 信越化                信越化学工業(株)
3407 旭化成                旭化成(株)
4901 富士フイルム        富士フイルムホールディングス(株)
4183 三井化学             三井化学(株)
4208 宇部興                宇部興産(株)
4272 日化薬                日本化薬(株)
4452 花王          花王(株)
4911 資生堂        (株)資生堂

 

現在以上の16銘柄がその中に入っています。いずれも大手企業ですね。ここに入っている銘柄の株価が落ちると日経平均株価が落ちるわけです。ちなみに入れ替えも年数回あります。それ以外にも突然入れ替えという場合もあります。例えば粉飾決算をおこして上場廃止になったカネボウの代わりに三井化学がはいりました。さらに、業種別平均株価というものがあり、これは株式公開している企業のなかから500銘柄選ばれており、その平均値です。

 

化学においてはここ5年間で最低が2002年10月の653.46、最高が2006年2月の1404.74です。現在は1200ぐらい。

もちろん総じて平均株価があがっている、株価だけがすべてではない、さらに2002年に比べたらどの業種も好調なので、なんともいえませんが現在は化学系企業もかなり好調なようです。ちなみに商社や通信、サービスなどの業種は5年間だけをみるとほとんど変わっていないか、下がっています。逆に石油や海運、水産、自動車、鉄鋼などは順調にあがっています。円安と中国などの発展が原因と思われます。

現在化学系製品はかなりの需要があり輸出も好調ですが、原材料でもっとも重要なナフサが高騰しているため、これらを輸入する際円安も関係して化学系企業を圧迫していることは確かです。

といういわけでむりやり株価に化学をだしてみましたが、たまには株価だけでなく業績やプレスリリースなどをみて化学系企業を研究してみるのも面白いかもしれません。

 

外部リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  2. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  3. 塩にまつわるよもやま話
  4. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: …
  5. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  7. もっとも単純な触媒「プロリン」
  8. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  2. ワイス反応 Weiss Reaction
  3. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  5. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授
  6. 2017年10大化学ニュース
  7. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  8. 白リン / white phosphorus
  9. (+)-sieboldineの全合成
  10. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP