[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学と株価

最近難しい話ばかりなのでたまにはちょっと違った観点から化学をみてみましょう。題して

 

化学と株価

 

違いすぎる・・・・・・・。研究者のみなさんは円相場や株価等に疎い人が相対的に多いと思います。私もその一人。みなさん今円相場がいくらかしっていますか?株価に興味がありますか?ほとんどの人がNoというでしょう。私もその一人。ただし円相場には相当興味があります。というわけで、たまにはその辺でも見てみることにしましょう。

 

円相場の現状

円相場に関しては日本から給料をいただいているので、非常に興味があります。私が来た頃は1ドル=117円ほどでした。しかし、今は1ドル=123円後半。かなりの違いです。具体的にいえば日本円で700万円もらっていて、それをそのままつかっていたとすると、当初は約59829ドルのはずでした。それが現在は約56451ドル。3000ドル近く消えてしまったのです。

3000ドルといったら、カフェテリアでの昼飯がおよそ600日食べれます。非常に痛い。安い時にドルに換えておけば全く問題ないですけれども。

 

株価は?

さて、本題の株価。現在の日経平均株価は18,188.63円。先日約7年ぶりの高水準となりました。7年前といったらITバブルと言われた時期です。ところでこの日経平均株価とはどのように出しているのでしょう?

 

「日経平均株価は「ダウ式平均」によって算出する指数です。基本的には225銘柄の株価の平均値ですが、分母(除数)の修正などで株式分割や銘柄入れ替えなど市況変動以外の要因を除去して指数値の連続性を保っています。
指数算出の対象となる225銘柄は東京証券取引所第1部上場銘柄から流動性・業種セクターのバランスを考慮して選択しており、株式市場の動向を敏感に伝えます。」(引用:
日経平均プロフィール

 

つまり基本225銘柄の平均値なのですね。業種別に分かれており、化学の分野においては

 

4188 三菱ケミHD (株)  三菱ケミカルホールディングス
4004 昭電工                 昭和電工(株)
4005 住友化                 住友化学(株)
4021 日産化                 日産化学工業(株)
4041 日曹達                 日本曹達(株)
4042 東ソー                 東ソー(株)
4045 東合成                東亞合成(株)
4061 電化                   電気化学工業(株)
4063 信越化                信越化学工業(株)
3407 旭化成                旭化成(株)
4901 富士フイルム        富士フイルムホールディングス(株)
4183 三井化学             三井化学(株)
4208 宇部興                宇部興産(株)
4272 日化薬                日本化薬(株)
4452 花王          花王(株)
4911 資生堂        (株)資生堂

 

現在以上の16銘柄がその中に入っています。いずれも大手企業ですね。ここに入っている銘柄の株価が落ちると日経平均株価が落ちるわけです。ちなみに入れ替えも年数回あります。それ以外にも突然入れ替えという場合もあります。例えば粉飾決算をおこして上場廃止になったカネボウの代わりに三井化学がはいりました。さらに、業種別平均株価というものがあり、これは株式公開している企業のなかから500銘柄選ばれており、その平均値です。

 

化学においてはここ5年間で最低が2002年10月の653.46、最高が2006年2月の1404.74です。現在は1200ぐらい。

もちろん総じて平均株価があがっている、株価だけがすべてではない、さらに2002年に比べたらどの業種も好調なので、なんともいえませんが現在は化学系企業もかなり好調なようです。ちなみに商社や通信、サービスなどの業種は5年間だけをみるとほとんど変わっていないか、下がっています。逆に石油や海運、水産、自動車、鉄鋼などは順調にあがっています。円安と中国などの発展が原因と思われます。

現在化学系製品はかなりの需要があり輸出も好調ですが、原材料でもっとも重要なナフサが高騰しているため、これらを輸入する際円安も関係して化学系企業を圧迫していることは確かです。

といういわけでむりやり株価に化学をだしてみましたが、たまには株価だけでなく業績やプレスリリースなどをみて化学系企業を研究してみるのも面白いかもしれません。

 

外部リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開…
  2. 書物から学ぶ有機化学 3
  3. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  4. リンダウ会議に行ってきた③
  5. 合成生物学を疾病治療に応用する
  6. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  7. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大…
  8. MRS Fall Meeting 2012に来ています

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メントール /menthol
  2. シランカップリング剤入門【終了】
  3. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  4. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  5. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  6. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  7. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  8. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  9. エリック・メガース Eric Meggers
  10. 天然物界70年の謎に終止符

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP