[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベン・シェンBen Shen

[スポンサーリンク]

ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化学者。スクリプス研究所教授。

経歴

1982, B.S., Chemistry, Hangzhou University, China

1984, M.S., Chemistry, The Chinese Academy of Sciences, China

1991, Ph.D., Organic Chemistry and Biochemistry, Oregon State University, Corvallis, OR

1991-95, Postdoctoral Research Associate, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

1995-01, Assistant Professor, Department of Chemistry, University of California, Davis, CA

2001-03, Associate Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Charles M. Johnson Distinguished Chair, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

2005-10, Principal Investigator, NCI UW National Cooperative Drug Discovery Group, Madison, WI

2011-, Professor, Departments of Chemistry and Molecular Therapeutics, TSRI, Jupiter, FL?

2011-, Director, The Natural Products Library Initiative at TSRI, TSRI, Jupiter, FL

受賞歴

1996-01, FIRST Award, NIH

1997-00, Searle Scholar, Searle Scholars Program?1998-03, CAREER Award, NSF

2000, Matt Suffness Award, American Society of Pharmacognosy

2001-06, Independent Scientist Award, NIH

2002, Jack L. Beal Award, American Society of Pharmacognosy

2011, Fellow, American Academy of Microbiology

2011, Fellow, American Association for the Advancement of Science

2002-, Member, Editorial Board of J. Ind. Microbiol. Biotechnol.
2002-, Member, Editorial Advisory Board of J. Nat. Prod.
2005-, Member, Editorial Board of Current Bioactive Compounds
2005-, Member, Advisory Board of Molecular BioSystems
2006-, Member, Editorial Board of Recent Patents on Anticancer Drug Discovery
2007-, Associate Editor, Acta Microbiologica Sinica
2009-, Member, Editorial Board of Journal of Antibiotics
2011, Guest Co-Editor, J. Antibiot. January issue in memory of C. Richard Hutchinson
2012, Guest Co-Editor, Curr. Opinion Chem. Biol. April issue on Biocatalysis and Biotransformation
2017-, Editor, J. Ind. Microbiol. Biotechnol.

 

研究概要

抗腫瘍性抗生物質 C-1027 は、腫瘍細胞の2本鎖DNA切断に由来する非常に強力な抗腫瘍性 を発揮するクロモフォアと、それを包接して安定化するアポタンパク質との 1:1 複合体である。C-1027はFig.1に示すように極めて不安定な9員環共役エンジイン構造を核とする複雑な構造を有することから、全合成研究でも注目を集めてきた。

 

 

C-1027.gif

Ben Shenらのグループは、C-1027の遺伝子クラスターを同定し、その生合成を明らかにした。

 

C-1027 gene.gif図は全て論文中より引用

 

関連文献

  1. ’’Biosynthesis of the Enediyne Antitumor Antibiotic C-1027’’ Wen Liu, et al. Science 297, 1170 (2002) DOI: 10.1126/science.1072110
  2. Stern-Ginossar, N.; Weisburd, B.; Michalski, A.; Le, V. T. K.; Hein, M. Y.; Huang, S.-X.; Ma, M.; Shen, B.; Qian, S.-B.; Hengel, H.; Mann, M.; Ingolia, N. T.; Weissman, J. S. Science 2012338, 1088.

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  2. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  3. 李昂 Ang Li
  4. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  5. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  6. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  7. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  8. 遠藤章 Akira Endo

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  2. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  3. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  4. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  5. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  6. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  7. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  8. チアゾリジンチオン
  9. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  10. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP