[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベン・シェンBen Shen

 

ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化学者。スクリプス研究所教授。

 

経歴

1982, B.S., Chemistry, Hangzhou University, China

1984, M.S., Chemistry, The Chinese Academy of Sciences, China

1991, Ph.D., Organic Chemistry and Biochemistry, Oregon State University, Corvallis, OR

1991-95, Postdoctoral Research Associate, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

1995-01, Assistant Professor, Department of Chemistry, University of California, Davis, CA

2001-03, Associate Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Charles M. Johnson Distinguished Chair, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

2005-10, Principal Investigator, NCI UW National Cooperative Drug Discovery Group, Madison, WI

2011-, Professor, Departments of Chemistry and Molecular Therapeutics, TSRI, Jupiter, FL?

2011-, Director, The Natural Products Library Initiative at TSRI, TSRI, Jupiter, FL

受賞歴

1996-01, FIRST Award, NIH

1997-00, Searle Scholar, Searle Scholars Program?1998-03, CAREER Award, NSF

2000, Matt Suffness Award, American Society of Pharmacognosy

2001-06, Independent Scientist Award, NIH

2002, Jack L. Beal Award, American Society of Pharmacognosy

2011, Fellow, American Academy of Microbiology

2011, Fellow, American Association for the Advancement of Science

2002-, Member, Editorial Board of J. Ind. Microbiol. Biotechnol.

2002-, Member, Editorial Advisory Board of J. Nat. Prod.

2005-, Member, Editorial Board of Current Bioactive Compounds

2005-, Member, Advisory Board of Molecular BioSystems

2006-, Member, Editorial Board of Recent Patents on Anticancer Drug Discovery

2007-, Associate Editor, Acta Microbiologica Sinica

2009-, Member, Editorial Board of Journal of Antibiotics

 

研究概要

抗腫瘍性抗生物質 C-1027 は、腫瘍細胞の2本鎖DNA切断に由来する非常に強力な抗腫瘍性 を発揮するクロモフォアと、それを包接して安定化するアポタンパク質との 1:1 複合体である。C-1027はFig.1に示すように極めて不安定な9員環共役エンジイン構造を核とする複雑な構造を有することから、全合成研究でも注目を集めてきた。

 

 

C-1027.gif

Ben Shenらのグループは、C-1027の遺伝子クラスターを同定し、その生合成を明らかにした。

 

C-1027 gene.gif図は全て論文中より引用

 

関連文献

  1. ’’Biosynthesis of the Enediyne Antitumor Antibiotic C-1027’’ Wen Liu, et al. Science 297, 1170 (2002) DOI: 10.1126/science.1072110
  2. Stern-Ginossar, N.; Weisburd, B.; Michalski, A.; Le, V. T. K.; Hein, M. Y.; Huang, S.-X.; Ma, M.; Shen, B.; Qian, S.-B.; Hengel, H.; Mann, M.; Ingolia, N. T.; Weissman, J. S. Science 2012338, 1088.

 

外部リンク

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  2. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  4. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews
  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  6. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  7. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…
  8. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで
  2. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  3. 2つのアシロイン縮合
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  5. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  6. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  7. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  8. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  9. PACIFICHEM2010に参加してきました!④
  10. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP