[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベン・シェンBen Shen

 

ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化学者。スクリプス研究所教授。

 

経歴

1982, B.S., Chemistry, Hangzhou University, China

1984, M.S., Chemistry, The Chinese Academy of Sciences, China

1991, Ph.D., Organic Chemistry and Biochemistry, Oregon State University, Corvallis, OR

1991-95, Postdoctoral Research Associate, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

1995-01, Assistant Professor, Department of Chemistry, University of California, Davis, CA

2001-03, Associate Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Charles M. Johnson Distinguished Chair, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

2005-10, Principal Investigator, NCI UW National Cooperative Drug Discovery Group, Madison, WI

2011-, Professor, Departments of Chemistry and Molecular Therapeutics, TSRI, Jupiter, FL?

2011-, Director, The Natural Products Library Initiative at TSRI, TSRI, Jupiter, FL

受賞歴

1996-01, FIRST Award, NIH

1997-00, Searle Scholar, Searle Scholars Program?1998-03, CAREER Award, NSF

2000, Matt Suffness Award, American Society of Pharmacognosy

2001-06, Independent Scientist Award, NIH

2002, Jack L. Beal Award, American Society of Pharmacognosy

2011, Fellow, American Academy of Microbiology

2011, Fellow, American Association for the Advancement of Science

2002-, Member, Editorial Board of J. Ind. Microbiol. Biotechnol.

2002-, Member, Editorial Advisory Board of J. Nat. Prod.

2005-, Member, Editorial Board of Current Bioactive Compounds

2005-, Member, Advisory Board of Molecular BioSystems

2006-, Member, Editorial Board of Recent Patents on Anticancer Drug Discovery

2007-, Associate Editor, Acta Microbiologica Sinica

2009-, Member, Editorial Board of Journal of Antibiotics

 

研究概要

抗腫瘍性抗生物質 C-1027 は、腫瘍細胞の2本鎖DNA切断に由来する非常に強力な抗腫瘍性 を発揮するクロモフォアと、それを包接して安定化するアポタンパク質との 1:1 複合体である。C-1027はFig.1に示すように極めて不安定な9員環共役エンジイン構造を核とする複雑な構造を有することから、全合成研究でも注目を集めてきた。

 

 

C-1027.gif

Ben Shenらのグループは、C-1027の遺伝子クラスターを同定し、その生合成を明らかにした。

 

C-1027 gene.gif図は全て論文中より引用

 

関連文献

  1. ’’Biosynthesis of the Enediyne Antitumor Antibiotic C-1027’’ Wen Liu, et al. Science 297, 1170 (2002) DOI: 10.1126/science.1072110
  2. Stern-Ginossar, N.; Weisburd, B.; Michalski, A.; Le, V. T. K.; Hein, M. Y.; Huang, S.-X.; Ma, M.; Shen, B.; Qian, S.-B.; Hengel, H.; Mann, M.; Ingolia, N. T.; Weissman, J. S. Science 2012338, 1088.

 

外部リンク

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 吉野 彰 Akira Yoshino
  2. 前田 浩 Hiro Maeda
  3. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  4. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  5. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  6. 小松紘一 Koichi Komatsu
  7. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  8. ザック・ボール Zachary T. Ball

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  2. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  3. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に
  4. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  5. 結晶世界のウェイトリフティング
  6. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  7. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  8. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  9. DNAのもとは隕石とともに
  10. 2007年秋の褒章

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP