[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベン・シェンBen Shen

[スポンサーリンク]

ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化学者。スクリプス研究所教授。

経歴

1982, B.S., Chemistry, Hangzhou University, China
1984, M.S., Chemistry, The Chinese Academy of Sciences, China
1991, Ph.D., Organic Chemistry and Biochemistry, Oregon State University, Corvallis, OR
1991-95, Postdoctoral Research Associate, School of Pharmacy, UW-Madison, WI
1995-01, Assistant Professor, Department of Chemistry, University of California, Davis, CA
2001-03, Associate Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI
2004-10, Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI
2004-10, Charles M. Johnson Distinguished Chair, School of Pharmacy, UW-Madison, WI
2005-10, Principal Investigator, NCI UW National Cooperative Drug Discovery Group, Madison, WI
2011-, Professor, Departments of Chemistry and Molecular Therapeutics, TSRI, Jupiter, FL?
2011-, Director, The Natural Products Library Initiative at TSRI, TSRI, Jupiter, FL

受賞歴

1996-01, FIRST Award, NIH
1997-00, Searle Scholar, Searle Scholars Program?1998-03, CAREER Award, NSF
2000, Matt Suffness Award, American Society of Pharmacognosy
2001-06, Independent Scientist Award, NIH
2002, Jack L. Beal Award, American Society of Pharmacognosy
2011, Fellow, American Academy of Microbiology
2011, Fellow, American Association for the Advancement of Science
2002-, Member, Editorial Board of J. Ind. Microbiol. Biotechnol.
2002-, Member, Editorial Advisory Board of J. Nat. Prod.
2005-, Member, Editorial Board of Current Bioactive Compounds
2005-, Member, Advisory Board of Molecular BioSystems
2006-, Member, Editorial Board of Recent Patents on Anticancer Drug Discovery
2007-, Associate Editor, Acta Microbiologica Sinica
2009-, Member, Editorial Board of Journal of Antibiotics
2011, Guest Co-Editor, J. Antibiot. January issue in memory of C. Richard Hutchinson
2012, Guest Co-Editor, Curr. Opinion Chem. Biol. April issue on Biocatalysis and Biotransformation
2017-, Editor, J. Ind. Microbiol. Biotechnol.
2018 Charles Thom Award
2020 Outstanding Mentor Award

 

研究概要

抗腫瘍性抗生物質 C-1027 は、腫瘍細胞の2本鎖DNA切断に由来する非常に強力な抗腫瘍性 を発揮するクロモフォアと、それを包接して安定化するアポタンパク質との 1:1 複合体である。C-1027はFig.1に示すように極めて不安定な9員環共役エンジイン構造を核とする複雑な構造を有することから、全合成研究でも注目を集めてきた。

 

 

C-1027.gif

Ben Shenらのグループは、C-1027の遺伝子クラスターを同定し、その生合成を明らかにした。

 

C-1027 gene.gif図は全て論文中より引用

 

関連文献

  1. ’’Biosynthesis of the Enediyne Antitumor Antibiotic C-1027’’ Wen Liu, et al. Science 297, 1170 (2002) DOI: 10.1126/science.1072110
  2. Stern-Ginossar, N.; Weisburd, B.; Michalski, A.; Le, V. T. K.; Hein, M. Y.; Huang, S.-X.; Ma, M.; Shen, B.; Qian, S.-B.; Hengel, H.; Mann, M.; Ingolia, N. T.; Weissman, J. S. Science 2012338, 1088.

外部リンク

Avatar photo

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  2. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  3. ジョージ・スミス George P Smith
  4. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  5. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  7. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  8. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本にノーベル賞が来る理由
  2. howeverの使い方
  3. 誰もが憧れる天空の化学研究室
  4. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  5. 未来を拓く多彩な色素材料
  6. 有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joullié-Ugi三成分反応・(-)-L-755,807 の全合成・結晶中構造転移・酸素付加型反応・多孔性構造体
  7. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  8. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  9. ダニエル レオノリ Daniele Leonori
  10. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP