[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベン・シェンBen Shen

[スポンサーリンク]

ベン・シェン(Ben Shen, 19xx年xx月xx日-)はアメリカの天然物化学者。スクリプス研究所教授。

経歴

1982, B.S., Chemistry, Hangzhou University, China

1984, M.S., Chemistry, The Chinese Academy of Sciences, China

1991, Ph.D., Organic Chemistry and Biochemistry, Oregon State University, Corvallis, OR

1991-95, Postdoctoral Research Associate, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

1995-01, Assistant Professor, Department of Chemistry, University of California, Davis, CA

2001-03, Associate Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Professor, School of Pharmacy and Department of Chemistry, UW-Madison, WI

2004-10, Charles M. Johnson Distinguished Chair, School of Pharmacy, UW-Madison, WI

2005-10, Principal Investigator, NCI UW National Cooperative Drug Discovery Group, Madison, WI

2011-, Professor, Departments of Chemistry and Molecular Therapeutics, TSRI, Jupiter, FL?

2011-, Director, The Natural Products Library Initiative at TSRI, TSRI, Jupiter, FL

受賞歴

1996-01, FIRST Award, NIH

1997-00, Searle Scholar, Searle Scholars Program?1998-03, CAREER Award, NSF

2000, Matt Suffness Award, American Society of Pharmacognosy

2001-06, Independent Scientist Award, NIH

2002, Jack L. Beal Award, American Society of Pharmacognosy

2011, Fellow, American Academy of Microbiology

2011, Fellow, American Association for the Advancement of Science

2002-, Member, Editorial Board of J. Ind. Microbiol. Biotechnol.
2002-, Member, Editorial Advisory Board of J. Nat. Prod.
2005-, Member, Editorial Board of Current Bioactive Compounds
2005-, Member, Advisory Board of Molecular BioSystems
2006-, Member, Editorial Board of Recent Patents on Anticancer Drug Discovery
2007-, Associate Editor, Acta Microbiologica Sinica
2009-, Member, Editorial Board of Journal of Antibiotics
2011, Guest Co-Editor, J. Antibiot. January issue in memory of C. Richard Hutchinson
2012, Guest Co-Editor, Curr. Opinion Chem. Biol. April issue on Biocatalysis and Biotransformation
2017-, Editor, J. Ind. Microbiol. Biotechnol.

 

研究概要

抗腫瘍性抗生物質 C-1027 は、腫瘍細胞の2本鎖DNA切断に由来する非常に強力な抗腫瘍性 を発揮するクロモフォアと、それを包接して安定化するアポタンパク質との 1:1 複合体である。C-1027はFig.1に示すように極めて不安定な9員環共役エンジイン構造を核とする複雑な構造を有することから、全合成研究でも注目を集めてきた。

 

 

C-1027.gif

Ben Shenらのグループは、C-1027の遺伝子クラスターを同定し、その生合成を明らかにした。

 

C-1027 gene.gif図は全て論文中より引用

 

関連文献

  1. ’’Biosynthesis of the Enediyne Antitumor Antibiotic C-1027’’ Wen Liu, et al. Science 297, 1170 (2002) DOI: 10.1126/science.1072110
  2. Stern-Ginossar, N.; Weisburd, B.; Michalski, A.; Le, V. T. K.; Hein, M. Y.; Huang, S.-X.; Ma, M.; Shen, B.; Qian, S.-B.; Hengel, H.; Mann, M.; Ingolia, N. T.; Weissman, J. S. Science 2012338, 1088.

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 文化勲章・受章化学者一覧
  2. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozz…
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  4. 硤合 憲三 Kenso Soai
  5. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  6. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  7. ジョン・フェン John B. Fenn
  8. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中西香爾 Koji Nakanishi
  2. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  3. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  4. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  5. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  6. ダイヤモンドライクカーボン
  7. Actinophyllic Acidの全合成
  8. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  9. 製薬業界の現状
  10. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part II

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP