[スポンサーリンク]


AFM

  1. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功

    第175回目のスポットライトリサーチは、福井智也 博士にお願いしました。福井さんの所属する物質・材料研究機構(NIMS)分子機能化学グループは、超分子化学・高分子化学の発想を色濃く反映させた機能性材料開発を行なっています。今…

  2. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田…

  3. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~

     バイオエタノールの…

  4. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

    原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy;AFM)とは、走査型顕微鏡の一種…

  5. 高分子を”見る” その1

    M. Schappacher, A. Deffieux, Science 2008, 319, 15…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto
  2. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  3. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  4. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  6. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  7. Chemical Science誌 創刊!

注目情報

最新記事

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

PAGE TOP