[スポンサーリンク]


MOF

  1. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

    2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成し、体積あたりの表面積を妥協することなく高い比表面積 を実現しました。“Balancing Volumetric and Gravim…

  2. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する

    第218回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究員・阿南静佳 博士にお願いしました。…

  3. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

    水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

  4. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

    第32 回のケムステ海外研究記は私、やぶが筆を執ります。私は、カリフォルニア大学バークレー校の Lo…

  5. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

    第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

  6. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

  7. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  8. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis

  9. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  10. GFPをも取り込む配位高分子

  11. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

  12. 北川 進 Susumu Kitagawa

  13. 藤田 誠 Makoto Fujita

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン
  2. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  3. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  4. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  5. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  6. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  7. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

PAGE TOP