[スポンサーリンク]


MOF

  1. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

    2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成し、体積あたりの表面積を妥協することなく高い比表面積 を実現しました。“Balancing Volumetric and Gravim…

  2. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する

    第218回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究員・阿南静佳 博士にお願いしました。…

  3. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

    水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

  4. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

    第32 回のケムステ海外研究記は私、やぶが筆を執ります。私は、カリフォルニア大学バークレー校の Lo…

  5. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

    第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

  6. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

  7. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  8. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis

  9. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  10. GFPをも取り込む配位高分子

  11. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

  12. 北川 進 Susumu Kitagawa

  13. 藤田 誠 Makoto Fujita

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  2. 年に一度の「事故」のおさらい
  3. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  4. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  5. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  6. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  7. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

PAGE TOP