[スポンサーリンク]


2007年 12月 16日

  1. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

    デイヴィッド・W・C・マクミラン (David W. C. MacMillan、1968年x月x日-)はアメリカの有機化学者である。米プリンストン大学教授 (写真:www.rsc.org)。2021年ノーベル化学賞受賞者。 (さらに…

  2. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

    ネイドリアン・C・シーマン(Nadrian C. Seeman、1945年12月16日-)はアメリカ…

  3. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig

    ジョン・F・ハートウィグ (John F. Hartwig、1964年8月7日-)は米国の有機化学者…

  4. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

    ジュリアス・レベック Jr.(Julius Rebek Jr.、1944年4月11日-)はアメリカの…

  5. ミノキシジル /Minoxidil

    ミノキシジル(Minoxidil)は、血管拡張薬の一種。増毛作用もあり、大正製薬が発毛薬(商品名リア…

  6. 吉良 満夫 Mitsuo Kira

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -実験条件の最適化を促すための活用ケース-
  2. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)
  3. さあ分子模型を取り出して
  4. Gilbert Stork最後の?論文
  5. 第10回 野依フォーラム若手育成塾
  6. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  7. 文字情報を構造式としてオリゴマーの混合物に埋め込み、LC-MSによって解読する方法

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP