[スポンサーリンク]


2009年 6月 08日

  1. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling

    アルキン、ハロゲン化合物→アルキン概要 ハロゲン化アリールまたはハロアルカンと、末端アルキンのクロスカップリング反応。触媒量のPd(0)+ヨウ化銅+アミンのコンビネーションが促進させる。 近年ではパラジウムや銅などがなくても…

  2. 光延反応 Mitsunobu Reaction

    概要第二級アルコールにアゾジカルボン酸ジエチル(DEAD)、トリフェニルホスフィン(Ph3P)、…

  3. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

    概要正の形式電荷を持つヘテロ原子により隣接位のアニオンが安定化された化学種を、一般にイリ…

  4. グリニャール反応 Grignard Reaction

    概要 有機金属剤のなかでは最もポピュラー。ほとんどのカルボニル化合物にアルキル基を導入…

  5. シリル系保護基 Silyl Protective Group

    アルコール→有機金属化合物概要 シリルエーテルは、アルコールの…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  2. 光触媒の活性化機構の解明研究
  3. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくある失敗とその対策とは?
  4. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2019年版】
  5. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  6. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  7. 【協業ご検討中の方向け】マイクロ波化学とのコラボレーションの実際

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP