[スポンサーリンク]

ケムステニュース

環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

環境省は、2004年度版「化学物質ファクトシート」を作成した。化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)対象物質に関する情報を専門外の人にも分かりやすく簡潔にまとめたもの。昨年に続き2回目。03年度版に収載した47物質を最新情報に更新するとともに、新たに64物質を追加した。(引用:化学工業日報

最近話題のアクリルアミド、アスベストも入っています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  2. 周期表を超えて~超原子の合成~
  3. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  4. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  5. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  7. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  8. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  2. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis
  3. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  4. 有機化学美術館が来てくれました
  5. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  6. ジアゾメタン原料
  7. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  8. イベルメクチン /Ivermectin
  9. 高分子界の準結晶
  10. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP