[スポンサーリンク]

ケムステニュース

環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

[スポンサーリンク]

環境省は、2004年度版「化学物質ファクトシート」を作成した。化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)対象物質に関する情報を専門外の人にも分かりやすく簡潔にまとめたもの。昨年に続き2回目。03年度版に収載した47物質を最新情報に更新するとともに、新たに64物質を追加した。(引用:化学工業日報

最近話題のアクリルアミド、アスベストも入っています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  2. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  3. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  4. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  5. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  6. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  7. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  8. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラックマネーに御用心
  2. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  3. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. 光で2-AGの量を制御する
  7. パーコウ反応 Perkow Reaction
  8. ノッド因子 (Nod factor)
  9. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction
  10. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP