[スポンサーリンク]


2009年 7月 29日

  1. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

    窒素化合物→窒素化合物概要ギ酸とホルムアルデヒドによる第一級または第二級アミンのN-メチル化反応。多くのN,N-ジメチルアルキルアミンはこの反応によって合成されている。 (さらに…)…

  2. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

    概要N-メトキシ-N-メチルアミドは俗にWeinrebアミドと呼ばれ、Gri…

  3. コープ転位 Cope Rearrangement

    概要シグマトロピー転位の基本。平衡反応であり、1,5-ヘキサジエンの場合には…

  4. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

    概要β-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引…

  5. ChemTile GameとSpectral Game

    ?実験をして一息ついてデスクに座った時にあなたは何をしていますか?お菓子を食べる、文献を読む、パソ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  2. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  3. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授
  4. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  5. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!
  6. 元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」
  7. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP