[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

概要

β-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引き続く酸化により対称型多置換ピリジンへと変換できる。エステル部は加水分解ののち脱炭酸によって除去することも可能。

ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジンは特にHantzsch Esterと呼称され、穏和な還元剤として用いることができる。詳しくは別項を参照のこと。

hantzsch_py_4

 

基本文献

<review>

歴史

1881年にドイツの化学者アルトゥル・ルドルフ・ハンチュによって開発される。

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

反応機構

Knoevenagel縮合によって生じた電子不足アルケンに、アンモニアとの反応によって生じたエナミンMicheal付加し、引き続く脱水縮合を経て生成物を与える。

hantzsch_py_3

反応例

Nifedipineの一段階合成[1] 

hantzsch_py_2

非対称なジヒドロピリジンを合成するには、予めKnoevenagel縮合にて合成した不飽和ケトンと、エナミンを縮合させる(Knoevenagel-Fries変法)。

hantzsch_py_5

ターピリジン誘導体の合成:系中で芳香化が起こる。[2]

hantzsch_py_6

参考文献

  1. Review: Bossert, F.; Meyer, H.; Wehinger, E. Angew. Chem. Int. Ed. 1981, 20, 762. DOI: 10.1002/anie.198107621
  2. Kelly, T. R.; Lebedev, R. L. J. Org. Chem. 2002, 67, 2197. DOI: 10.1021/jo016250v

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  3. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  4. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…
  5. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  6. ダフ反応 Duff Reaction
  7. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  8. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Cat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機スペクトル解析ワークブック
  2. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  3. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  4. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  5. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  6. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  7. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  8. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  9. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  10. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

第172回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー…

PAGE TOP