[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

N-メトキシ-N-メチルアミドは俗にWeinrebアミドと呼ばれ、Grignard試薬有機リチウム剤と反応してケトンを与える。酸ハライド・エステルにはこれらの試薬は2当量付加し、アルコールを与えてしまうが、Weinrebアミドを経由すれば過剰付加が抑えられる。

水素化リチウムアルミニウムRed-AlDIBALなどを用いてWeinrebアミドを還元すると、アルデヒドが得られる

モルホリンアミドN-アシルピロールN-アシルベンゾトリアゾールなども、同様の目的に用いることができる。

weinreb_4.gif

基本文献

・ Basha, A.; Lipton, J. L.; Weinreb, S. M. Tetrahedron Lett. 1977, 18, 4171. DOI: 10.1016/S0040-4039(01)83457-2
・ Nahm, S.; Weinreb, S. M. Tetrahedron Lett. 1981, 22, 3815. doi:10.1016/S0040-4039(01)91316-4
・ Williams, J. M.; Jobson, R. B.; Yasda, N.; Marchesini, G.; Dolling, U.-H.; Grabowski, E. J. J. Tetrahedron Lett. 1995, 36, 5461. doi:10.1016/0040-4039(95)01089-Z
・ Shimizu, T.; Osako, K.; Nakata, T. Tetrahedron Lett. 1998, 38, 2685. doi:10.1016/S0040-4039(97)00429-2
・ Huang, P.-Q.; Zheng, X.; Deng, X.-M. Tetrahedron Lett. 2001, 42, 9039. doi:10.1016/S0040-4039(01)01933-5
・ Woo, J. C. S.; Fenster, E.; Dake, G. R. J. Org. Chem. 2004, 69, 8984. DOI: 10.1021/jo048385h

<review>
・ Balasubramaniam, S.; Aidhen, I. S. Synthesis 2008, 3707. DOI: 10.1055/s-0028-1083226

 

反応機構

有機金属剤付加後のtetrahedral中間体が、メトキシ基を介する5員環キレートによって安定化される。このためアミンの脱離が妨げられ、これ以上反応剤は付加しない。引き続き酸加水分解によりケトンを与える。

weinreb_2.gif

反応例

Scabronine Gの合成[1]

weinreb_3.gif

Batrachotoxininの合成[3]:モルホリンアミドを同様の目的に用いている。

weinreb_5.gif

実験手順

Weinrebアミドの還元によるアルデヒド合成[2]

weinreb_6.gif

温度計、スターラーバー、滴下漏斗、空冷管を備えた5L四方丸底フラスコに、アルゴン雰囲気下LiAlH4(0.44 mol)および無水ジエチルエーテル(1.5L)を加える。室温で1時間攪拌後、-45℃に冷却する。Boc-ロイシンWeinrebアミド(~100g, 約0.4mol)の無水ジエチルエーテル溶液(300mL)を、反応温度を-35℃付近に保ちつつ滴下する。その後冷却槽を除去し、攪拌しつつ温度を5℃まで上昇させる。再び-35℃まで冷却し、KHSO4(96.4g, 0.71mol)水溶液(265mL)を温度が0℃以上にならないよう、注意しつつ滴下する。冷却槽を除去し、1時間攪拌する。溶液をセライト濾過し、残渣をエーテル(500mL)で洗浄する。合わせて得られた有機層を、1N塩酸(5℃に冷却、350mLx3)、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液(350mLx2)、飽和食塩水(350mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥する。溶媒除去後、Boc-L-Leucinalを油状物質として得る(69-70g, 収率87-88%)。生成物はフリーザー(-17℃)にて保存する。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Waters, S. P.; Tian, Y.; Li, Y.-M.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 13514. DOI: 10.1021/ja055220x
[2] Goel, O. P.; Krolls, U.; Stier, M.; Kesten, S. Org. Synth. 1989, 67, 69. [website] [3] Kurosu, M.; Marcin, L. R.; Grinsteiner, T. J.; Kishi, Y. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 6627. doi: 10.1021/ja981258g

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  2. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  3. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  4. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  5. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  6. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Redu…
  7. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  8. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステのライターになって良かったこと
  2. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis
  3. 発展が続く触媒研究~京大より触媒研究の成果が相次いで発表される~
  4. 炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場
  5. 円偏光スピンLEDの創製
  6. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる
  7. C-H酸化反応の開発
  8. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  9. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018
  10. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに&hellip;)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP