[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

関連記事

  1. キラルオキサゾリジノン
  2. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  3. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  6. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  7. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  8. ショウガに含まれる辛味成分

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然階段状分子の人工合成に成功
  2. 第15回光学活性シンポジウム
  3. 美しい化学構造式を書きたい方に
  4. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  5. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  7. ダフ反応 Duff Reaction
  8. DNAのもとは隕石とともに
  9. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  10. 生合成研究の記事まとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP