[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

[スポンサーリンク]

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

関連記事

  1. シランカップリング剤入門【終了】
  2. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  3. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  4. ニュースタッフ参加
  5. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  6. Gabriel試薬類縁体
  7. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  8. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  2. パーソナライズド・エナジー構想
  3. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  4. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  5. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  6. IGZO
  7. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  8. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  9. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  10. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP