[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

関連記事

  1. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  2. サレン-Mn錯体
  3. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  4. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  5. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  6. ショウガに含まれる辛味成分
  7. ニュースタッフ
  8. トップデザイン変更

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  2. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  3. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  4. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration
  5. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  6. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  7. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  8. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  9. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  10. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP