[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

[スポンサーリンク]

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  2. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  3. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  5. 芳香環シラノール
  6. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  7. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  8. インドール一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  2. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  3. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  4. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  5. ロンドン・サイエンスミュージアム
  6. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)
  8. アコニチン (aconitine)
  9. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate
  10. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP