[スポンサーリンク]

archives

亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

T1294.gif

亜鉛トリフラート触媒を用いたアリールヒドラゾン経由のピラゾリン合成

Bellerらは亜鉛トリフラート触媒を用いたアリール置換ピラゾリンの新しい位置選択的合成を報告しています。それによれば,アリールヒドラジンと3-ブチン-1-オールを亜鉛トリフラート触媒存在下で反応させることにより,アリールヒドラゾン経由の反応でピラゾリンが高収率で得られています。さらに,空気酸化反応によりピラゾールへ変換しています。

K. Alex, A. Tillack, N. Schwarz, M. Beller, Org. Lett., 2008, 10, 2377.

 

関連記事

  1. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  2. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  3. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  4. XPhos
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  6. トップデザイン変更
  7. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  8. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  2. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  3. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  4. 電子学術情報の利活用
  5. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  6. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応
  7. 多摩霊園
  8. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  9. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  10. 有機スペクトル解析ワークブック

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP