[スポンサーリンク]


2009年 7月 29日

  1. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement

    概要アリルスルホキシドが熱的条件により転位を起こし、アリルスルフェナートとの平衡状態になる。本現象がMislowらによって発見された後、スルフェナートを捕捉するリン試薬などを添加することでアリルアルコールを合成できること…

  2. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound

    概要ベンゼンの発煙硫酸(SO3と濃硫酸の混合物)との反応によるスルホン酸部位の導…

  3. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization

    概要ジビニルケトン誘導体に比較的強いルイス酸やブレンステッド酸を作用させてシクロ…

  4. エンインメタセシス Enyne Metathesis

    概要アルケン-アルキン間メタセシスにより1,3-ジエンを合成する反応。通常はGrubbs第一世代…

  5. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification

    概要カルボン酸とアルコールから、酸触媒存在下加熱条件にてエステルを合成する手法。…

  6. ステッター反応 Stetter reaction

  7. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

  8. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation

  9. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

  10. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

  11. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation

  12. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis

  13. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal

  14. アシル系保護基 Acyl Protective Group

  15. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis

  16. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エキノコックスにかかわる化学物質について
  2. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  3. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  4. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  5. 北エステル化反応 Kita Esterification
  6. 燃えないカーテン
  7. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

PAGE TOP