[スポンサーリンク]

E

エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

[スポンサーリンク]

窒素化合物→窒素化合物

概要

ギ酸とホルムアルデヒドによる第一級または第二級アミンのN-メチル化反応。多くのN,N-ジメチルアルキルアミンはこの反応によって合成されている。

 

基本文献

  • Eschweiler, W. Ber. 1905, 38, 880.
  • Clarke, H.T.; Gillespie, H. B.; Weisshaus, S. Z. J. Am. Chem. Soc. 1933, 55, 4571.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301.

 

反応機構

ギ酸が実質の還元剤として働く。安定な二酸化炭素分子の放出が反応の駆動力になる。
eschweiler_clarke_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. MAC試薬 MAC Reagent
  2. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  3. リッター反応 Ritter Reaction
  4. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC …
  5. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  6. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole …
  7. 脱離反応 Elimination Reaction
  8. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorina…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アピオース apiose
  2. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  3. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  4. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  5. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  6. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム
  7. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始
  8. タミフルの新規合成法・その4
  9. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授
  10. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP