[スポンサーリンク]

E

エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

[スポンサーリンク]

窒素化合物→窒素化合物

概要

ギ酸とホルムアルデヒドによる第一級または第二級アミンのN-メチル化反応。多くのN,N-ジメチルアルキルアミンはこの反応によって合成されている。

 

基本文献

  • Eschweiler, W. Ber. 1905, 38, 880.
  • Clarke, H.T.; Gillespie, H. B.; Weisshaus, S. Z. J. Am. Chem. Soc. 1933, 55, 4571.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301.

 

反応機構

ギ酸が実質の還元剤として働く。安定な二酸化炭素分子の放出が反応の駆動力になる。
eschweiler_clarke_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  2. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  3. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  4. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  5. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  6. 植村酸化 Uemura Oxidation
  7. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  8. ベンザイン Benzyne

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  2. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  3. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」
  4. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定
  5. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  6. 極性表面積 polar surface area
  7. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  8. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  9. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  10. 先制医療 -実現のための医学研究-

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP