[スポンサーリンク]

E

エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

窒素化合物→窒素化合物

概要

ギ酸とホルムアルデヒドによる第一級または第二級アミンのN-メチル化反応。多くのN,N-ジメチルアルキルアミンはこの反応によって合成されている。

 

基本文献

  • Eschweiler, W. Ber. 1905, 38, 880.
  • Clarke, H.T.; Gillespie, H. B.; Weisshaus, S. Z. J. Am. Chem. Soc. 1933, 55, 4571.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301.

 

反応機構

ギ酸が実質の還元剤として働く。安定な二酸化炭素分子の放出が反応の駆動力になる。
eschweiler_clarke_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  2. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  3. エルマンイミン Ellman’s Imine
  4. ルーシェ還元 Luche Reduction
  5. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  6. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  7. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  8. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  2. リニューアル?!
  3. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  4. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  5. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. 二酸化炭素をはきだして♪
  7. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride
  9. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  10. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP