[スポンサーリンク]


2014年 12月 24日

  1. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者である。1998年ノーベル化学賞受賞。経歴1925年 イギリス、バーミンガムにて生まれる1943年 ケンブ…

  2. Bergfriendhof (山の墓地)

    概説Bergfriedhof はドイツのハイデルベルグにある、多数の化学者を含む数々の著名人が眠…

  3. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」

    「脳」は21世紀のサイエンスを代表するキーワードとして名高い対象ですが、分子・細胞間の関係性をもとに…

  4. 一重項分裂 singlet fission

    一重項分裂singlet fissionとは、ひとつの励起一重項状態からスピン許容遷移によりふたつの…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 元素名を名字にお持ちの方〜
  2. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント
  3. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  4. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  5. 「イカ」 と合成高分子の複合により耐破壊性ハイドロゲルを開発!
  6. 二量化の壁を超えろ!β-アミノアルコール合成
  7. 第464回生存圏シンポジウム バイオナノマテリアルシンポジウム2021 - アカデミアからの発信 –

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

PAGE TOP