[スポンサーリンク]


2014年 12月 24日

  1. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者である。1998年ノーベル化学賞受賞。経歴1925年 イギリス、バーミンガムにて生まれる1943年 ケンブ…

  2. Bergfriendhof (山の墓地)

    概説Bergfriedhof はドイツのハイデルベルグにある、多数の化学者を含む数々の著名人が眠…

  3. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」

    「脳」は21世紀のサイエンスを代表するキーワードとして名高い対象ですが、分子・細胞間の関係性をもとに…

  4. 一重項分裂 singlet fission

    一重項分裂singlet fissionとは、ひとつの励起一重項状態からスピン許容遷移によりふたつの…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  3. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  4. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  5. 畠山琢次 Takuji Hatakeyama
  6. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  7. e.e., or not e.e.:

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

PAGE TOP