[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(独自のビジネスモデル)として、合成樹脂を製造しています。近年、ラボからのスケールアップ検討やサンプルワーク、プラント立上げまでの少量生産に協力する仕事に注力し、順調に業績を伸ばしています。

お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての役割

ライトケミカル工業は、創業以来、常に時代の先端をゆく、高度な設備を次々に導入し、少量から大量生産まで、豊富な設備と高い生産技術力で、お客様の開発された試作品を製品化へと迅速に対応しています。製造業は同時にサービス業であるべきという信念のもと、お客様のご要望に対する迅速な対応をモットーとし、お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての機能を果たします。

<近年注力しているビジネス>
①生産技術の確立
お客様のビーカーワークを基に、量産化に必要な設備や生産条件を当社の設備を用いて検討し、生産技術を確立しています。
②マーケット評価用のサンプル生産
設備の増強や改造を行い、数十kg~数tまでのサンプルワーク用のサンプルをスピーディに生産しています。
③プラント稼働までの少量生産
お客様のプラントが稼働するまで、新製品の少量(数百kg~数百t)生産のお手伝いをしています。

<従来からのビジネス>
①臨時の増産対応
お客様が生産する製品の需要が急激に増え、生産が追いつかなくなった際、継続的な需要増であればお客様の設備導入までの繋ぎとして、 一時的な需要増であれば設備コストを掛けない急場しのぎの対応として、受託生産のお手伝いをしています。
②お客様のBCP対応
お客様のBCP(事業継続計画)対策の一つとして、継続的な受託生産を行っています。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 76億521万円(2018年3月期実績)
 従業員数 164名(2018年8月31日現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

関連情報

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  2. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  3. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  4. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  5. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる …
  6. あなたはどっち? 絶対立体配置
  7. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-…
  8. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  3. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  4. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  5. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  6. 有機合成のナビゲーター
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  8. 相次ぐ海外化学企業の合併
  9. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  10. メソポーラスシリカ(3)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP