[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(独自のビジネスモデル)として、合成樹脂を製造しています。近年、ラボからのスケールアップ検討やサンプルワーク、プラント立上げまでの少量生産に協力する仕事に注力し、順調に業績を伸ばしています。

お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての役割

ライトケミカル工業は、創業以来、常に時代の先端をゆく、高度な設備を次々に導入し、少量から大量生産まで、豊富な設備と高い生産技術力で、お客様の開発された試作品を製品化へと迅速に対応しています。製造業は同時にサービス業であるべきという信念のもと、お客様のご要望に対する迅速な対応をモットーとし、お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての機能を果たします。

<近年注力しているビジネス>
①生産技術の確立
お客様のビーカーワークを基に、量産化に必要な設備や生産条件を当社の設備を用いて検討し、生産技術を確立しています。
②マーケット評価用のサンプル生産
設備の増強や改造を行い、数十kg~数tまでのサンプルワーク用のサンプルをスピーディに生産しています。
③プラント稼働までの少量生産
お客様のプラントが稼働するまで、新製品の少量(数百kg~数百t)生産のお手伝いをしています。

<従来からのビジネス>
①臨時の増産対応
お客様が生産する製品の需要が急激に増え、生産が追いつかなくなった際、継続的な需要増であればお客様の設備導入までの繋ぎとして、 一時的な需要増であれば設備コストを掛けない急場しのぎの対応として、受託生産のお手伝いをしています。
②お客様のBCP対応
お客様のBCP(事業継続計画)対策の一つとして、継続的な受託生産を行っています。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 95億32百万円(2020年3月期実績)
 従業員数 186名(2020年8月現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  2. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part…
  3. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  4. 学部4年間の教育を振り返る
  5. コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!
  6. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  7. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  8. 海外学会出張でeSIMを使ってみました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 安積徹 Tohru Azumi
  2. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  3. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  4. M.G.フィン M. G. Finn
  5. “研究者”人生ゲーム
  6. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  8. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1
  9. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  10. 出光・昭和シェル、統合を発表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP