[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(独自のビジネスモデル)として、合成樹脂を製造しています。近年、ラボからのスケールアップ検討やサンプルワーク、プラント立上げまでの少量生産に協力する仕事に注力し、順調に業績を伸ばしています。

お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての役割

ライトケミカル工業は、創業以来、常に時代の先端をゆく、高度な設備を次々に導入し、少量から大量生産まで、豊富な設備と高い生産技術力で、お客様の開発された試作品を製品化へと迅速に対応しています。製造業は同時にサービス業であるべきという信念のもと、お客様のご要望に対する迅速な対応をモットーとし、お客様の生産技術センターや中間実験、技術部としての機能を果たします。

<近年注力しているビジネス>
①生産技術の確立
お客様のビーカーワークを基に、量産化に必要な設備や生産条件を当社の設備を用いて検討し、生産技術を確立しています。
②マーケット評価用のサンプル生産
設備の増強や改造を行い、数十kg~数tまでのサンプルワーク用のサンプルをスピーディに生産しています。
③プラント稼働までの少量生産
お客様のプラントが稼働するまで、新製品の少量(数百kg~数百t)生産のお手伝いをしています。

<従来からのビジネス>
①臨時の増産対応
お客様が生産する製品の需要が急激に増え、生産が追いつかなくなった際、継続的な需要増であればお客様の設備導入までの繋ぎとして、 一時的な需要増であれば設備コストを掛けない急場しのぎの対応として、受託生産のお手伝いをしています。
②お客様のBCP対応
お客様のBCP(事業継続計画)対策の一つとして、継続的な受託生産を行っています。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 95億32百万円(2020年3月期実績)
 従業員数 186名(2020年8月現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. BASFとはどんな会社?-2
  2. 炭素をBNに置き換えると…
  3. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  4. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ⑤ 最終回
  5. コランニュレンの安定結合を切る
  6. エナンチオ選択的α-アルキル-γ-ラクタム合成
  7. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  8. 【イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」「化学系女子学…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  2. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  3. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  4. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応
  5. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編
  6. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  7. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  8. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  9. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  10. 大学入試のあれこれ ②

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP