[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ライセルト反応 Reissert Reaction

 

概要

酸ハライド存在下、キノリンやイソキノリンにシアニド源を求核付加させる方法。三成分縮合反応(Three-component Condensation)の一種。

生成物の 1-アシル-2-シアノ-1,2-ジヒドロキノリン誘導体(Reissert化合物)を酸加水分解すれば、アルデヒドおよびquinualic acid誘導体が得られる。
reissert_3.gif
N-オキシドを用いる変法(Reissert-Henze反応)も知られている。

基本文献

  • Reissert, A. Ber. 1905, 38, 1603, 3415.
  • Gronsheintz, J. M.; Fischer, H. O. L. J. Am. Chem. Soc. 1941, 63, 2021. DOI: 10.1021/ja01852a066
  • Review: Mosettig, E. Org. React. 19548, 220.
  • Review: McEwen, W. E.; Cobb, R. L. Chem. Rev. 195555, 511. DOI: 10.1021/cr50003a002

反応機構

キノリンが酸ハライドと反応し、活性なアシルキノリニウム中間体がまず生成する。これにシアニドが求核攻撃することで、ライセルト化合物ができる。
reissert_2.gif
加水分解は分子内環化を経由するため、アミドからアルデヒドができるという特殊な反応挙動を示す。
reissert_4.gif

反応例

Reissert-Henze反応の例
reissert_6.gif
柴崎らは多点認識型触媒を用い、世界初の触媒的不斉Reissert反応の開発に成功している。[1] reissert_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] (a) Takamura,M.; Funabashi,K.; Kanai, M.; Shibasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 6327. DOI: 10.1021/ja0010352 (b) Takamura,M.; Funabashi,K.; Kanai, M.; Shibasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 6801. DOI: 10.1021/ja010654n

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  2. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  4. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  5. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  6. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  7. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  8. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とある化学者の海外研究生活:アメリカ就職編
  2. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  3. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  6. エレクトロクロミズム Electrochromism
  7. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  8. 史跡 佐渡金山
  9. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  10. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP