[スポンサーリンク]

archives

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

[スポンサーリンク]

開催日:2023/01/25  申込みはこちら

■開催概要

近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されています。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)をどのように研究開発に適応するか?という観点からも、データと統計・データサイエンスを活用した素材の研究開発である、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)が注目されています。

一方で、MIを始めるにあたって、どれだけデータが必要なのか?(大量データが無いと始められないのでは?)、今あるデータからどう整理し、活用していったらよいのか?等、導入を検討するまででも大きなハードルを感じられている方々が多いと感じています。

本セミナーでは、MI-6創業初期以来、数多くの企業のMI事例を見てきたMI-6の事業開発部の上田より、企業におけるデータ整理の現状や、素材組成・プロセス条件の最適化を対象とした場合に、どのようにデータを整理していけばMI導入が始められるか、といったデータ整理の第一歩目についてお話させていただきます。

※好評により、過去開催したセミナー内容をアップデートしておこないます。

■参加費用

無料

■コンテンツ

はじめに
登壇者より講演 40分
質疑応答:20分(残りの時間)

■講演内容

・はじめに
・1.企業におけるデータ整理の現状
1-1.材料データ収集の実態
1-2.研究開発現場でのデータ整理状況
1-3.エクセルデータのよくある例
1-4.各社の現状
・2「MI導入の第一歩(条件最適化編)
2-1.はじめに:データ解析の流れ
2-2.そもそも実験計画最適化(ベイズ最適化)とは
2-3.逐次最適化戦略による実験計画の流れ
2-4.実験計画最適化の場合のデータ整理フォーマット例
2-5.樹脂材料の実験最適化を例に
・おわりに

※内容は変更となる場合が御座います。予めご了承願います。

■登壇者

MI-6株式会社/事業開発部
上田 俊雄(うえだ としお)

大阪府立大学工学研究科修了。大学院では有機EL向け材料開発およびデバイス試作を研究。経営学修士(MBA)。 住友化学株式会社にてディスプレイ材料の材料開発およびMIを用いた開発に従事し、2019年より現職。 現職では事業開発として多くの会社のMI活用をサポートしている。

■対象者

・研究開発でのデータ活用を検討、または実施されている方
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関心がある方
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の研究への適用にお悩みの方
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関わる方 (実験者、解析者、マネジメント層など)

■申込締め切り

2023年1月25日(水)14:00
※申込が多数あった場合は事前に締め切らせていただく可能性がございます

申込みはこちら

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※ご登録いただくメールアドレスに、開催前日の参加者の確定を目処に事前案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。
※同業他社企業のお申し込みはお断りしております。

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点か…
  2. 論文がリジェクトされる10の理由
  3. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  4. 2023年から始めるマテリアルズ・インフォマティクスの進め方 〜…
  5. 蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物
  6. 君はホンモノの潤滑油を知っているか?:自己PRで潤滑油であること…
  7. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  8. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?
  2. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~5Gで活躍する化学メーカー編~
  4. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授
  5. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  6. 第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」
  7. 有機合成化学協会誌2022年4月号:硫黄置換基・デヒドロアミノ酸・立体発散的スキップジエン合成法・C-H活性化・sp3原子含有ベンゾアザ/オキササイクル
  8. 有機EL素子の開発と照明への応用
  9. ResearchGateに対するACSとElsevierによる訴訟で和解が成立
  10. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP