[スポンサーリンク]


2015年 10月 15日

  1. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

     米イーライリリーは、脂質異常症治療薬として開発してきたCETP(コレステロールエステル転送たん白)阻害剤「エバセトラピブ(一般名)」の開発を中止すると発表した。日本を含めグローバルで第3相臨床試験(P3試験)を行っていたが、第三者機関の中…

  2. NMR in Organometallic Chemistry

  3. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援

    研究分野も細分化され様々な新学術領域が立ちあがる今日此頃。同じ化学者といえども全…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!
  2. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  3. 危険物データベース:第5類(自己反応性物質)
  4. π-アリルイリジウムに新たな光を
  5. ヘテロカンシラノール
  6. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  7. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP