[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  2. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  3. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  4. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  5. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…
  6. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  7. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  8. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangemen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 持田製薬、創薬研究所を新設
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  4. グローバルCOE審査結果
  5. 文化勲章・受章化学者一覧
  6. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  7. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  8. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  9. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  10. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP