[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  2. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  3. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylborati…
  4. バーチ還元 Birch Reduction
  5. ストーク エナミン Stork Enamine
  6. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  7. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  8. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  2. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  3. タミフルの効果
  4. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  5. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  6. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  7. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  8. オープンアクセスジャーナルの光と影
  9. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation
  10. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP