[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フェントン反応 Fenton Reaction
  2. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  3. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…
  4. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. ストーク エナミン Stork Enamine
  7. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  8. MAC試薬 MAC Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  3. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  4. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より
  5. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  6. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  7. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  8. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  9. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  10. ギー・ベルトラン Guy Bertrand

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP