[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  2. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methy…
  3. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  4. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  5. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fr…
  6. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (N…
  7. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  8. リッター反応 Ritter Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  2. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  3. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!
  4. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  5. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  7. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授
  8. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  9. イトムカ鉱山
  10. 上村 大輔 Daisuke Uemura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP