[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  2. リッター反応 Ritter Reaction
  3. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  4. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  5. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  7. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  8. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  2. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  4. 年に一度の「事故」のおさらい
  5. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  6. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  7. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  8. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  9. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  10. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP