[スポンサーリンク]

K

クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシアミンを用いることで、直接的にピリジンが合成できる。

 

基本文献

 

反応機構

knoev_pyridine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  2. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  3. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  4. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  5. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  6. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  7. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  8. アニオン重合 Anionic Polymerization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】
  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  3. ハイフン(-)の使い方
  4. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  5. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  6. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  7. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  8. 目指せ化学者墓マイラー
  9. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  10. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP