[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子情報・バイオ2研究センター 九大開設

九州大学は15日、分子情報とバイオをテーマにした二つの研究センターを4月に開設する、と発表した。いずれも産学連携を進め、先端科学をめぐる九大の将来の拠点になるという。

分子情報は「未来化学創造センター」。ナノテクノロジー(超微細技術)を基本に、超高感度センサーの開発や太陽電池の材料開発などをめざす。バイオは「バイオアーキテクチャーセンター」で、遺伝子やたんぱく質のレベルから生物の機能面を解析。世界有数の質量分析装置メーカー「島津製作所」(京都市)から研究者を招く。 (引用:朝日新聞)

 

 

ナノテク、バイオをテーマにした研究内容は本当に最近多いですね。九州大学は新キャンパスを2005年の秋にスタートさせるそうです。国立大学、特に旧帝大は独立行政法人になってからなぜかお金があります。東大は全学部立て直しているような感じですね。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  2. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  3. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  4. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  5. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  6. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  7. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  8. 日本化学会第85回春季年会

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  2. 知られざる有機合成のレアテク集
  3. 合成生物学を疾病治療に応用する
  4. アラン・マクダイアミッド氏死去
  5. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  6. テトラセノマイシン類の全合成
  7. ヘキサン (hexane)
  8. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)
  9. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  10. 第二回触媒科学国際シンポジウム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP