[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子情報・バイオ2研究センター 九大開設

[スポンサーリンク]

九州大学は15日、分子情報とバイオをテーマにした二つの研究センターを4月に開設する、と発表した。いずれも産学連携を進め、先端科学をめぐる九大の将来の拠点になるという。

分子情報は「未来化学創造センター」。ナノテクノロジー(超微細技術)を基本に、超高感度センサーの開発や太陽電池の材料開発などをめざす。バイオは「バイオアーキテクチャーセンター」で、遺伝子やたんぱく質のレベルから生物の機能面を解析。世界有数の質量分析装置メーカー「島津製作所」(京都市)から研究者を招く。 (引用:朝日新聞)

 

 

ナノテク、バイオをテーマにした研究内容は本当に最近多いですね。九州大学は新キャンパスを2005年の秋にスタートさせるそうです。国立大学、特に旧帝大は独立行政法人になってからなぜかお金があります。東大は全学部立て直しているような感じですね。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  2. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  3. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  4. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  5. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  7. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  8. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応
  4. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  5. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis
  6. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される
  7. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  8. 光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた
  9. ショウリョウバッタが吐くアレについて
  10. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

注目情報

最新記事

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

知られざる法科学技術の世界

皆さんは、日本法科学技術学会という学会をご存じでしょうか。法科学は、犯罪における問題を”科学と技術”…

有機合成化学協会誌2021年9月号:ストリゴラクトン・アミド修飾アリル化剤・液相電解自動合成・ビフェニレン・含窒素複素環

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年9月号がオンライン公開されました。9…

イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

2021年9月9日、「人々を笑わせ考えさせた業績」に送られるイグノーベル賞の第31回授賞式が行われま…

理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集

理化学研究所の創発物性科学研究センターで上級研究員の公募を行っております。今回募集対象である、創…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP