[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子情報・バイオ2研究センター 九大開設

九州大学は15日、分子情報とバイオをテーマにした二つの研究センターを4月に開設する、と発表した。いずれも産学連携を進め、先端科学をめぐる九大の将来の拠点になるという。

分子情報は「未来化学創造センター」。ナノテクノロジー(超微細技術)を基本に、超高感度センサーの開発や太陽電池の材料開発などをめざす。バイオは「バイオアーキテクチャーセンター」で、遺伝子やたんぱく質のレベルから生物の機能面を解析。世界有数の質量分析装置メーカー「島津製作所」(京都市)から研究者を招く。 (引用:朝日新聞)

 

 

ナノテク、バイオをテーマにした研究内容は本当に最近多いですね。九州大学は新キャンパスを2005年の秋にスタートさせるそうです。国立大学、特に旧帝大は独立行政法人になってからなぜかお金があります。東大は全学部立て直しているような感じですね。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  2. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  3. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  4. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  5. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  6. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  7. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  8. 第38回有機金属若手の会

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コンプラナジンAの全合成
  2. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  3. マッテソン反応 Matteson Reaction
  4. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  5. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  6. 2014年ケムステ記事ランキング
  7. 2013年就活体験記(1)
  8. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  9. アジリジンが拓く短工程有機合成
  10. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP