[スポンサーリンク]

化学一般

【書評】科学実験でスラスラわかる! 本当はおもしろい 中学入試の理科

[スポンサーリンク]

 

大和書房さんより 2022年9月に刊行された『科学実験でスラスラわかる! 本当はおもしろい 中学入試の理科』を紹介します。

概要

一見難問に思える御三家の問題も、すらすら解けてしまう! その鍵となる科学実験を紹介しながら、考える力と地頭力を育てます。

著者 尾嶋 好美
ジャンル 教育・学参
出版年月日 2022/09/08
ISBN 9784479393931
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 1,870円(本体1,700円+税)

対象

小学3年生程度〜大人まで

本書の特徴

【本書の特徴①】

受験理科の入り口にぴったり!
「虹はどうしてできるの?」「お風呂で温かいお湯が上、冷たいお湯が下にくるのはなぜ?」など、
日常生活の中の「不思議なこと」を実験で解き明かしていきます。
「へぇ〜、おもしろい」と思いながら読み進めることで、知識のみならず、
自分で考える力、問題を解く力がつきます。

【本書の特徴②】
大人が先にハマります!
「空の色はなぜ青い?」「シャボン玉が落ちずに浮かび続けるのはなぜ?」などの疑問に対する答えを、
美しい実験写真で解説。理科が苦手でも、知識ゼロからでも大丈夫。
「知らなかった、もっと知りたい!」という気持ちを大人自身が感じながら楽しめます。

【本書の特徴③】

実際に出題された問題の解き方を解説
開成、麻布、女子学院などの過去問を見ながら、考え方、解き方をわかりやすく説明します。
「実験と入試問題って、こんなふうにつながっているんだ」と思いながら、問題を解くおもしろさに気づきます。
—————–
*ふりがな付きなので、小学3年生くらいから。もちろん入試直前期の6年生にもおすすめです。

目次

  • はじめに ようこそ、不思議で楽しい理科の世界へ
  • 化学
    • ペンの色を分解して、混ざったものを分ける方法を知ろう
    • シャボン玉を飛ばして、気体の存在を感じてみよう
    • 炎を飛ばす実験をして、ロウソクはなぜ燃えるかを考えよう
    • 透明な液体が白くなるのはなぜ? 石灰水を作って考えよう
    • うがい薬を使って、デンプンがあるかを調べよう
    • 消えたものがまた現れる再結晶について知ろう
    • 炎の一番明るい場所はどこ? ロウソクの燃え方を探ろう
    • 紫いもの粉の色の変化を見て、酸性とアルカリ性について学ぼう
    • 酸性とアルカリ性が出会うと起きる化学反応を知ろう
  • 生物
    • 植物はどうやって増えている? 種に隠された工夫を知ろう
    • ぷよぷよの卵を作って半透膜の性質を知ろう
    • 水の通り道を見える化して、植物が成長する仕組みを探ろう
  • 地学
    • なぜクレーターができるのか、実験で解き明かそう
    • 風はどこから吹いてくる? 温度のちがいによる動きの変化を知ろう
    • 空の色はなぜ青い? 青空と夕焼けを作って考えよう
  • 物理
    • 空気がうすい世界ではどんなことが起きるかを考えよう
    • バター作りを通して水と油の関係を知ろう
    • コップの中に陽炎を作って、気体や液体の密度について考えよう
    • 自分で虹を作って、光の屈折について理解を深めよう
    • 紙コップギターを作って、音が伝わる仕組みを知ろう
  • あとがきにかえて

内容

まず実験の準備と解説を読んでから、入試問題にチャレンジするという形式です。

実験

 

問題にチャレンジ

Amazon のページでも内容を一部閲覧することができます。

感想

非常に美麗なビジュアルと簡潔かつ子どもでも読みやすい文章で、理科の世界に引き込まれると思います。小学生レベルの理科の内容を見返すのは久しぶりでしたが、まさに日常操作であるクロマトグラフィーや再結晶といった現象を実はその頃からから学んでいたのか、となかなか驚きました。「大人が先にハマります!」というキャッチコピーの通りだと思います。ハマった大人が本書を使ってお子さんに教えてあげる、という構図が成り立ちます。
実際に手を動かして実験した内容は割と記憶に残ると思いますし、理科の教育はそれこそ実験が重要だと思いますが、小学校の限られた時間割の中では実験に時間を割くのもなかなか難しいでしょう。本書は自宅でも入手可能な材料を用いた実験プロトコルを紹介していますので、小学生のお子さんを持つ親御さんはぜひとも本書を参考に実験を組み立ててあげていただければと思います。

さて、入試問題は開成や桜蔭などハイレベルな中学校のものを引用しており、教科書や参考書の文章を暗記しただけではなかなか太刀打ちできないものだらけです。そこで重要なのがやはり実験。実際に手を動かし、視覚で目の当たりにした現象はしっかりと記憶に残り、そしてその現象について深く調べる意欲も湧くことでしょう。実験プロトコルを思い返せば、難関校の問題にも難なくチャレンジできると思います。

本記事の筆者にも子どもがいるのですが、成長して一緒に読んで実験できる日を楽しみに、しっかり読み返しておきたいと感じました。

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 理工系のAI英作文術
  2. 密度汎関数法の基礎
  3. フラックス結晶育成法入門
  4. 【書籍】タンパク質科学 生物物理学的なアプローチ
  5. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  6. フィンランド理科教科書 化学編
  7. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医…
  8. Essential Reagents for Organic S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  2. エッフェル塔
  3. マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー
  4. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  5. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授
  6. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  7. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  8. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  9. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  10. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

ポンコツ博士の海外奮闘録XIV ~博士,釣りをする~

シリーズ累計20話!!タイトルの○数字がなくなりました。節々の回は出来る限り実験ネタや個人的なグッと…

定型抗精神病薬 「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の創製に成功

第444回のスポットライトリサーチは、近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 病態薬理学研究室の笠波 …

【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など

<内容>マイクロ波プロセスのスケールアップがどのように実現されるか、実証設備の動画も交えてご紹介…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP