[スポンサーリンク]

化学一般

【書評】科学実験でスラスラわかる! 本当はおもしろい 中学入試の理科

[スポンサーリンク]

 

大和書房さんより 2022年9月に刊行された『科学実験でスラスラわかる! 本当はおもしろい 中学入試の理科』を紹介します。

概要

一見難問に思える御三家の問題も、すらすら解けてしまう! その鍵となる科学実験を紹介しながら、考える力と地頭力を育てます。

著者 尾嶋 好美
ジャンル 教育・学参
出版年月日 2022/09/08
ISBN 9784479393931
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 1,870円(本体1,700円+税)

対象

小学3年生程度〜大人まで

本書の特徴

【本書の特徴①】

受験理科の入り口にぴったり!
「虹はどうしてできるの?」「お風呂で温かいお湯が上、冷たいお湯が下にくるのはなぜ?」など、
日常生活の中の「不思議なこと」を実験で解き明かしていきます。
「へぇ〜、おもしろい」と思いながら読み進めることで、知識のみならず、
自分で考える力、問題を解く力がつきます。

【本書の特徴②】
大人が先にハマります!
「空の色はなぜ青い?」「シャボン玉が落ちずに浮かび続けるのはなぜ?」などの疑問に対する答えを、
美しい実験写真で解説。理科が苦手でも、知識ゼロからでも大丈夫。
「知らなかった、もっと知りたい!」という気持ちを大人自身が感じながら楽しめます。

【本書の特徴③】

実際に出題された問題の解き方を解説
開成、麻布、女子学院などの過去問を見ながら、考え方、解き方をわかりやすく説明します。
「実験と入試問題って、こんなふうにつながっているんだ」と思いながら、問題を解くおもしろさに気づきます。
—————–
*ふりがな付きなので、小学3年生くらいから。もちろん入試直前期の6年生にもおすすめです。

目次

  • はじめに ようこそ、不思議で楽しい理科の世界へ
  • 化学
    • ペンの色を分解して、混ざったものを分ける方法を知ろう
    • シャボン玉を飛ばして、気体の存在を感じてみよう
    • 炎を飛ばす実験をして、ロウソクはなぜ燃えるかを考えよう
    • 透明な液体が白くなるのはなぜ? 石灰水を作って考えよう
    • うがい薬を使って、デンプンがあるかを調べよう
    • 消えたものがまた現れる再結晶について知ろう
    • 炎の一番明るい場所はどこ? ロウソクの燃え方を探ろう
    • 紫いもの粉の色の変化を見て、酸性とアルカリ性について学ぼう
    • 酸性とアルカリ性が出会うと起きる化学反応を知ろう
  • 生物
    • 植物はどうやって増えている? 種に隠された工夫を知ろう
    • ぷよぷよの卵を作って半透膜の性質を知ろう
    • 水の通り道を見える化して、植物が成長する仕組みを探ろう
  • 地学
    • なぜクレーターができるのか、実験で解き明かそう
    • 風はどこから吹いてくる? 温度のちがいによる動きの変化を知ろう
    • 空の色はなぜ青い? 青空と夕焼けを作って考えよう
  • 物理
    • 空気がうすい世界ではどんなことが起きるかを考えよう
    • バター作りを通して水と油の関係を知ろう
    • コップの中に陽炎を作って、気体や液体の密度について考えよう
    • 自分で虹を作って、光の屈折について理解を深めよう
    • 紙コップギターを作って、音が伝わる仕組みを知ろう
  • あとがきにかえて

内容

まず実験の準備と解説を読んでから、入試問題にチャレンジするという形式です。

実験

 

問題にチャレンジ

Amazon のページでも内容を一部閲覧することができます。

感想

非常に美麗なビジュアルと簡潔かつ子どもでも読みやすい文章で、理科の世界に引き込まれると思います。小学生レベルの理科の内容を見返すのは久しぶりでしたが、まさに日常操作であるクロマトグラフィーや再結晶といった現象を実はその頃からから学んでいたのか、となかなか驚きました。「大人が先にハマります!」というキャッチコピーの通りだと思います。ハマった大人が本書を使ってお子さんに教えてあげる、という構図が成り立ちます。
実際に手を動かして実験した内容は割と記憶に残ると思いますし、理科の教育はそれこそ実験が重要だと思いますが、小学校の限られた時間割の中では実験に時間を割くのもなかなか難しいでしょう。本書は自宅でも入手可能な材料を用いた実験プロトコルを紹介していますので、小学生のお子さんを持つ親御さんはぜひとも本書を参考に実験を組み立ててあげていただければと思います。

さて、入試問題は開成や桜蔭などハイレベルな中学校のものを引用しており、教科書や参考書の文章を暗記しただけではなかなか太刀打ちできないものだらけです。そこで重要なのがやはり実験。実際に手を動かし、視覚で目の当たりにした現象はしっかりと記憶に残り、そしてその現象について深く調べる意欲も湧くことでしょう。実験プロトコルを思い返せば、難関校の問題にも難なくチャレンジできると思います。

本記事の筆者にも子どもがいるのですが、成長して一緒に読んで実験できる日を楽しみに、しっかり読み返しておきたいと感じました。

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  2. 持続可能社会をつくるバイオプラスチック
  3. ついにシリーズ10巻目!化学探偵Mr.キュリー10
  4. Illustrated Guide to Home Chemis…
  5. はじめての研究生活マニュアル
  6. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  7. 化学探偵Mr.キュリー6
  8. フラックス結晶育成法入門

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  2. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  3. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  5. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし
  6. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  7. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  8. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  9. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  10. 料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP