[スポンサーリンク]


2023年 10月 04日

  1. 【速報】2023年ノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」へ!

    2023年のノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」の業績で、マサチューセッツ工科大学のMoungi G Bawendi氏、コロンビア大学のLouis E. Brus氏、ロシアの研究会社Nanocrystals TechnologyのAl…

  2. エキモフ, アレクセイ イワノビッチ Екимов, Алексей Иванович

    エキモフ, アレクセイ イワノビッチ(Екимов, Алексей Иванович, Alexe…

  3. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

    ルイ・ユージーン・ブラス (Louis Eugene Brus, 1943年8月10日-, オハイオ…

  4. モウンジ・バウェンディ Moungi G Bawendi

    モウンジ・バウェンディ (Moungi G Bawendi 1961年3月15日 パリ生まれ)はアメ…

  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎

    開催日:2023/10/11 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  2. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  3. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  4. 未来のノーベル化学賞候補者
  5. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  6. 有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A
  7. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP