[スポンサーリンク]

archives

カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

[スポンサーリンク]

D3611.gif


Duらは,カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応について報告しています。それによれば,DBUと触媒量の1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドの存在下,α-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドを種々のアルコールと反応させることにより,α,β-不飽和エステルが立体選択的に高収率で得られます。本反応は塩基性条件であるため,中間体からハロゲン化水素が脱離し,α,β-不飽和エステルが生成するものと推測されます。
X.-B. Wang, X.-L. Zou, G.-F. Du, Z.-Y. Liu, B. Dai, Tetrahedron 2012, 68, 6498

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  2. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジ…
  3. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  4. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  5. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  6. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  7. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  8. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  2. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.
  3. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  4. 化学に魅せられて
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  7. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授
  8. 電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御
  9. (–)-Daphenezomine AとBの全合成
  10. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP