[スポンサーリンク]

archives

カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

[スポンサーリンク]

D3611.gif


Duらは,カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応について報告しています。それによれば,DBUと触媒量の1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドの存在下,α-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドを種々のアルコールと反応させることにより,α,β-不飽和エステルが立体選択的に高収率で得られます。本反応は塩基性条件であるため,中間体からハロゲン化水素が脱離し,α,β-不飽和エステルが生成するものと推測されます。
X.-B. Wang, X.-L. Zou, G.-F. Du, Z.-Y. Liu, B. Dai, Tetrahedron 2012, 68, 6498

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  2. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  3. インドール一覧
  4. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  5. MNBA脱水縮合剤
  6. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  7. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  8. カルノシン酸 : Carnosic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  2. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  3. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  4. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  6. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化
  7. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  8. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  10. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP