[スポンサーリンク]

archives

カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

[スポンサーリンク]

D3611.gif


Duらは,カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応について報告しています。それによれば,DBUと触媒量の1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドの存在下,α-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドを種々のアルコールと反応させることにより,α,β-不飽和エステルが立体選択的に高収率で得られます。本反応は塩基性条件であるため,中間体からハロゲン化水素が脱離し,α,β-不飽和エステルが生成するものと推測されます。
X.-B. Wang, X.-L. Zou, G.-F. Du, Z.-Y. Liu, B. Dai, Tetrahedron 2012, 68, 6498

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解
  2. 向山酸化剤
  3. オンライン|次世代医療・診断・分析のためのマイクロ流体デバイス~…
  4. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  5. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  6. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf…
  7. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  8. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  2. 石谷 治 Osamu Ishitani
  3. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  4. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタレン多量体・バイオインスパイアード物質変換・エラジタンニン・モルヒナン骨格・ドナー・アクセプター置換シクロプロパン・フッ素化多環式芳香族炭化水素
  5. ジボラン(diborane)
  6. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「Thermo Tracker(サーモトラッカー)」を開発
  7. 第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」
  8. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  9. ヘム獲得系のハイジャックによる緑膿菌の選択的殺菌法
  10. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP