[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!

[スポンサーリンク]

もう12月。2021年もおわりが近づいています。

さて、今年最後のケムステVシンポとして第23回目を企画しました。

テーマは「核酸化学」。創薬でいま最もホットなテーマで3名の講師に講演していただきます。

そして今回はもう恒例になりつつある、CSJカレントレビューとのコラボレーション企画です。

対象となるCSJカレントレビューはこれ。

以下概要となります。

実施概要

第23回ケムステバーチャルシンポジウム
『進化を続ける核酸化学』
日程:12月15日 (水) 18-20時
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)
定員:先着1500名(途中参加・途中退出自由)
講演者:(敬称略)
和田 猛 「核酸医薬の有効性と安全性を向上させる新規分子技術」 (東京理科大学)
佐藤しのぶ 「電気化学的DNAバイオセンサーの構築」 (九州工業大学)
建石寿枝 「疾患の進行過程における非二重らせん核酸の役割」 (甲南大学)

主催:Chem-Station
協賛:東京化成工業株式会社メルク株式会社島津製作所
後援・共催:化学同人・日本核酸化学会
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら
参加費:無料

参加登録はこちら

講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.
質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,講演者は講演後に確認しますので、ぜひ積極的にお願いいたします。

運営

ファシリテーター(司会):高橋俊太郎(甲南大学)
モデレーター:
松本咲(甲南大学・助教)
佐藤一樹(東京理科大学・助教)
真野航太(九州工業大学・M1)

今回のテーマの紹介

今回のVシンポテーマである「核酸化学」はみなさんの体の中、細胞核にある物質の化学をとりあげます。もっと簡単にいえば、遺伝情報を伝えるDNAやRNAのこと。体を構成するタンパク質の設計図であるこれらは昔から研究がされていますが、近年核酸医薬が注目され、非常にホットな話題となっています。このCSJカレントレビューも最近10年間の核酸化学に関するトピックを凝縮させた盛りだくさんの内容になっています。

今回のVシンポはその研究で活躍する研究者と、第一人者である3名の先生方に核酸化学の魅力について語っていただきます。また、今回は、CSJカレントレビューのみならず、核酸化学の学会である、日本核酸化学会の後援・共催企画となっています。後援者である和田先生が、日本核酸化学会の会長であることから、このコラボレーションが実現しました。

ケムステVシンポ参加者割引について

出版元である化学同人に交渉して特別価格を設定していただきました。送料込み・税込みの価格で3800円で購入可能です(通常4,620円)。

なお、書籍の割引には特別の注文書が必要です。登録者された方にはconnpassの参加者の情報欄およびメールでお知らせいたします。事前に購入希望の方ははやめに登録ください*

しかも、なんと、実は今回の41号のみならず、これまで発行されたすべてのCSJカレントレビューが対象です。ご尽力いただいた化学同人にこの場を借りて御礼申し上げます!

*: 登録後の登録サイトconnpassにて購入方法を掲載いたします。送付は支払いの形によっては3日から1週間程度要します。それ以後はURL送付時もしくは講演後になります。

ぜひとも、ご参加ください!

参加登録はこちら

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のお知らせを御覧ください。

東京化成工業

東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。
以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。

リンクはこちら!


メルク

【原料からカスタムオリゴまでサポート!Sigma-Aldrichの核酸関連製品】
Sigma-Aldrichでは、オリゴの原料となる核酸合成試薬から日常の遺伝子実験で使用するオリゴまでサポートしています。研究内容に合わせて製品を選択することができます。

島津製作所

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。
人々の願いを実現し、社会に貢献するために
これからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)
→詳しくはこちら

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Elem…
  2. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:…
  3. 兄貴達と化学物質+α
  4. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告
  5. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測して…
  6. サイエンスアゴラ2015総括
  7. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について
  8. 映画「分子の音色」A scientist and a music…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 計算化学:基底関数って何?
  2. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  3. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  4. Chem-Stationついに7周年!
  5. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  6. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  7. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  8. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  9. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化
  10. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP