[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

    第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

  3. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  4. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】

    企画説明夏だ!夏らしいことがしたい!そうだ、小中学生のころの心を取り戻し、読書感想文を書こう!と…

  5. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数

    本記事では、波の関数の物理量に運動量やエネルギーを対応させ、そこから粒子のエネルギーの公式を数学的に…

  6. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?

  7. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis

  8. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

  9. トランス効果 Trans Effect

  10. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

  11. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–

  12. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

  13. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

  14. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

  15. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

  16. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  2. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  3. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  4. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  5. SciFinderマイスター決定!
  6. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  7. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP