[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

[スポンサーリンク]

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protectin…
  2. ペイン転位 Payne Rearrangement
  3. ジイミド還元 Diimide Reduction
  4. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  5. フェントン反応 Fenton Reaction
  6. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  7. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…
  8. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. これで日本も産油国!?
  2. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  3. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  4. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  5. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  6. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  7. ChemTile GameとSpectral Game
  8. デイヴィット・ベイカー David Baker
  9. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  10. (-)-ナカドマリンAの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP