[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

[スポンサーリンク]

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  3. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  4. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  5. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  6. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  7. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  8. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  2. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  3. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  4. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ大きく前進
  5. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  6. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  7. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  8. 蓄電池 Rechargeable Battery
  9. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  10. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP