[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thio…
  2. MAC試薬 MAC Reagent
  3. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  4. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  5. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  7. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  8. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  2. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  3. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride
  4. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  5. Chemical Science誌 創刊!
  6. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  7. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  8. ノッド因子 (Nod factor)
  9. 世界の中心で成果を叫んだもの
  10. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP