[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  2. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  3. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  4. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  5. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  6. ジアゾカップリング diazocoupling
  7. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  8. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  2. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin
  3. 薬学部6年制の現状と未来
  4. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  5. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification
  6. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  7. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  8. ノーベル化学賞への道公開
  9. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  10. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP