[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

[スポンサーリンク]

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…
  2. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  3. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  4. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  5. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  6. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  7. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  8. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  2. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  3. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  4. キレーション療法ってなに?
  5. シューミン・リー Shu-Ming Li
  6. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  7. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  8. エドマン分解 Edman Degradation
  9. 複雑なアルカロイド合成
  10. Reaxys Prize 2011募集中!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP