[スポンサーリンク]

K

カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

 

概要

グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成する手法。

基本文献

  • Kahne, D.; Walker, S.; Cheng, Y.; Van Engen, D. J. Am. Chem. Soc. 1989, 111, 6881. DOI: 10.1021/ja00199a081
  • Crich, D.; Lim, L. B. L. Org. React. 200464, 115.

 

反応機構

kahne_glyco_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  2. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  3. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  4. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  6. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  7. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  8. 福山還元反応 Fukuyama Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞への道公開
  2. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  3. 化学探偵Mr.キュリー7
  4. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  5. トップデザイン変更
  6. 高分子を”見る” その1
  7. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  8. 分子びっくり箱
  9. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  10. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP