[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき海外研究記

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Basel大学化学科でArtificial metalloenyzmeの研究をされている岡本泰典さんにお願いしました。岡本さんは2014年に博士課程…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

    「ケムステ海外研究記」の第21回目は、南條毅さんにお願いしました。南條さんはイリノイ大学アー…

  4. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

    今回の「ケムステ海外留学記」は、ジャン ロッシェ材料研究所 博士研究員の佐々木俊輔さんにお願いしまし…

  5. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  6. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  7. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  8. とある化学者の海外研究生活:アメリカ就職編

  9. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  10. とある化学者の海外研究生活:イギリス編

  11. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

  12. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  13. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

  14. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

  15. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

  16. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  2. 化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編
  3. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  4. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化
  5. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  6. Essential Reagents for Organic Synthesis
  7. 【ナード研究所】ユニークな合成技術~先端研究を裏支え!~

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP