[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき海外研究記

  1. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村柾彦さんにお願いしました。(写真はStein, Switzerlandにある、Syngentaの試験場を含む研究所の全景。SCSより引用)…

  2. 「極ワイドギャップ半導体酸化ガリウムの高品質結晶成長」– カリフォルニア大学サンタバーバラ校・Speck研より

    ケムステ海外研究記の第39回はカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)材料科学科のPhD課程に…

  3. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学

    ケムステ海外研究記の第38回はカリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)の化学科に学部…

  4. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  5. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

    ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

  6. トンネル効果が支配する有機化学反応

  7. 「糖鎖レセプターに着目したインフルエンザウイルスの進化の解明」ースクリプス研究所Paulson研より

  8. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

  9. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

  10. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】

  11. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

  12. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David Sarlah研より

  13. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

  14. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

  15. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  16. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた
  2. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  3. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  5. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  6. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と
  7. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

PAGE TOP