[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき海外研究記

  1. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

    第15回目にしてケムステ海外研究記は、初めてのイギリスからの寄稿です。第12回の西口昭広さんからのご紹介で、ブリストル大学でポスドクをされた渡辺和誉博士(現在は立命館大学総合科学技術研究機構研究員(赤木和夫研究室))にお願いしました。…

  2. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

    第14回目の海外研究記は、第2回の佐々木栄太さんからのご紹介で、カリフォルニア大学アーバイン校化学科…

  3. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

  4. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

    「ケムステ海外研究記」の第12回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、物質材料研究機構(NIMS)の…

  5. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

    「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

  6. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  7. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より

  8. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

  9. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

  10. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より

  11. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より

  12. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  13. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  14. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より

  15. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本にノーベル賞が来る理由
  2. 液クロ虎の巻シリーズ
  3. インドール一覧
  4. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  5. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  6. 不安定化合物ヒドロシランをうまくつくる方法
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

注目情報

最新記事

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

PAGE TOP