[スポンサーリンク]

ケムステニュース

吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表

グラクソ・スミスクラインは23日、喘息患者に対する全国調査で、気管支の炎症などを抑える長期管理薬に加え、吸入ステロイド薬「フルタイド」(一般名:プロピオン酸フルチカゾン)を6カ月投与したところ、投与前より入院や救急受診、予定外の欠勤や学校の欠席といったことが、投与前に比べ6割に減ったとの結果を発表した。 (引用:薬事日報)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  2. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  3. 2010年10大化学ニュース
  4. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  5. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  6. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  7. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  8. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  2. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  3. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  4. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction
  5. 無保護アミン類の直接的合成
  6. 北川 進 Susumu Kitagawa
  7. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  8. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  9. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  10. 水が促進するエポキシド開環カスケード

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP