[スポンサーリンク]

ケムステニュース

吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表

グラクソ・スミスクラインは23日、喘息患者に対する全国調査で、気管支の炎症などを抑える長期管理薬に加え、吸入ステロイド薬「フルタイド」(一般名:プロピオン酸フルチカゾン)を6カ月投与したところ、投与前より入院や救急受診、予定外の欠勤や学校の欠席といったことが、投与前に比べ6割に減ったとの結果を発表した。 (引用:薬事日報)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  2. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  3. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  4. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  5. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  6. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  7. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  8. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. はじめての研究生活マニュアル
  2. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  3. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  4. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  5. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  6. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  7. 日本酸素記念館
  8. 岸 義人 Yoshito Kishi
  9. UCLA研究員死亡事故・その後
  10. アロタケタールの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP