[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース光化学

  1. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI

    吉見 泰治 (よしみ やすはる)は、日本の化学者である。専門は有機光化学。2022年現在、福井大学学術研究院工学系部門教授。第27回ケムステVシンポ「有機光化学の最前線」講師。経歴1993年3月 岡山県立倉敷古城池高等学校卒業…

  2. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

    フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

  3. 森本 正和 Masakazu Morimoto

    森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

  4. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  5. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする…

  6. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

  7. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  8. 石谷 治 Osamu Ishitani

  9. 嘉部 量太 Ryota Kabe

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  2. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  3. 新薬と併用、高い効果
  4. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  6. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  7. 武田薬品、14期連続で営業最高益に

注目情報

最新記事

2022年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

2022ノーベル化学賞が発表されました。「クリックケミストリ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

PAGE TOP