[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

 

概要

過酸を用いてオレフィンをエポキシドに変換する反応。中でもm-クロロ過安息香酸(mCPBA)は、固体であること、および比較的爆発性に乏しいことを理由に、実験室レベルで多用される。ジメチルジオキシランなども同様の目的に用いることができる。

基本的に電子豊富なオレフィンほど反応性は高い。
mCPBA_4.gif近傍に無保護のヒドロキシル基が存在すると、水素結合関与によってジアステレオ選択的にエポキシ化が起こる(Henbest則)。保護されたヒドロキシル基の場合には逆の立体選択性でエポキシ化が進行する。

prilezhaev_3.gif

基本文献

 

反応機構

協奏的機構で進行する。オレフィン由来の立体は保持される。オレフィン上の電子供与性置換基は反応を促進する。
en-eth1-2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  2. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  3. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  4. コープ脱離 Cope Elimination
  5. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  6. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  8. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reacito…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マタタビの有効成分のはなし
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. バニリン /Vanillin
  4. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  5. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  6. 銀を使ってリンをいれる
  7. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  8. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった
  9. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  10. フルエッギン Flueggine

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP