[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

研究室での英語【Part 3】

[スポンサーリンク]

今回はラボ生活で使われてる言葉のうち、最もくだけた表現・・・すなわちスラング(slang)を紹介してみたいと思います。

スラングというだけあって、否定的意味合いのものも少なくありません。論文上やフォーマルな場で使うのは勿論NGです。ひょんなことで使ってしまうと白い目で見られる・・・程度で済めばいいですが、過剰反応を受ける可能性も心に留めておくべきでしょう。

24/7 (トウェンティフォー・セブン)

slang_2.jpgtwenty-four sevenと読みます。24時間/週7日とくれば“年中無休”という意味は、容易に想像可能ではないでしょうか。お店の看板などでもよく見かける、ありふれた表現です。そこの貴方!あまりに根を詰めて働きすぎると、こんなことを言われちゃいますよ?

<例>
Crazy ! You are working 24/7 ! You should enjoy your life !? おかしいだろ! 休まず年中働いてるなんて! 人生楽しめよ!

 

picky (ピッキー)

slang_3.gif「つまみとる(pick)」を形容詞化すると更に強いニュアンスになって、“選り好みの激しい”という意味になります。「あれも自分に合わない、これも自分好みじゃない・・・」とか常に言い続けているとそう言われちゃいますよ!これも日常的によく使われる表現の一つです。

<例>
Again he hates given project…he’s too picky, isn’t it ?? 彼、もらったプロジェクト、また気に入らないんだ・・・選り好みしすぎだと思わない?

 

 

like a monkey (ライク・ア・モンキー)

slang_4.jpg直訳すれば「猿のように」ですが、“考え無しに行動する”といった嘲笑的ニュアンスを込めて使います。「わかんないよ~とりあえず反応仕込むしか手はないよ~」とか言ってる人がいたなら、遠慮無く使ってあげてみては?

<例>
How to treat next step ?? 次の工程はどうやったらいいでしょうか?
―Try every oxidant like a monkey. ―あれこれ考えずに酸化剤を全部試しなさい。

 

 

fountain (ファウンテイン)

slang_6.gif

反応を暴走させたり、重曹水中和時に入れすぎたりして、容器から溶媒を噴かせてしまったら・・・「噴水」そのままの現象が起こりますよね!ラボでは安全第一ですよ!

<例>
Are you all right ? You made fountain ! 大丈夫かい?フラスコから溶媒噴いてたじゃんか!

 

kiss one’s ass (キス・ワンズ・アス)

 

slang_1.jpg直訳すると「誰それのケツの穴(asshole)に口づけする」となりますが、これは“ゴマをする、こびへつらってばかりでプライドがない”という汚いけなし言葉。例えば、良い推薦状が欲しいばかりにボスにヘコヘコしてばかりなメンバー。他のメンバーからは陰でこんなふうに揶揄されてるんですよね・・・高い確率で。

<例>
Mike is always kissing boss’ ass. But it’s meaningless because he is already known as one of most stupid person. マイクはボスにゴマすってばかりだろ。でも無駄だね。彼は既に最も使えない奴の一人だと見なされてるんだから。

研究者といえども人間。(時には聞きたくないような)こんな会話を繰り返しつつ、日々語彙力をアップさせていく・・・というわけですね(苦笑)。

 

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  2. 有機合成化学協会誌2022年3月号:トリフリル基・固相多点担持ホ…
  3. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  4. ChemRxivへのプレプリント投稿・FAQ
  5. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  6. ケムステV年末ライブ2021開催報告! 〜今年の分子 and 人…
  7. マテリアルズ・インフォマティクス解体新書:ビジネスリーダーのため…
  8. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  2. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニーネ・キニジンの選択的合成
  3. Qi-Lin Zhou 周其林
  4. 芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策
  5. 研究者よ景色を描け!
  6. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る
  7. MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」
  8. 有機合成化学協会誌2023年5月号:特集号「日本の誇るハロゲン資源: ハロゲンの反応と機能」
  9. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  10. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP