[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. フィル・バラン Phil S. Baran

    フィル・S・バラン(Phil.S.Baran、1977年8月10日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Search Scholars Program) 。米国スクリプス研究所教授。 (さらに…)…

  2. (+)-フォーセチミンの全合成

    Total Synthesis of (+)-Fawcettimine.Linghu, X.…

  3. ピンナ酸の不斉全合成

    Asymmetric Total Synthesis of Pinnaic AcidXu…

  4. 複雑なアルカロイド合成

    今日の講演はMohammad Movassaghi, Ph.D (Assistant Profe…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  2. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  3. 有機合成化学協会誌2020年2月号:ナノポーラス スケルトン型金属触媒・フッ化アルキル・2,3,6-三置換ピリジン誘導体・ペプチドライゲーション・平面シクロオクタテトラエン・円偏光発光
  4. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  5. 窒素固定をめぐって-2
  6. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  7. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

注目情報

最新記事

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

PAGE TOP