[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生合成仮説に基づいたWagner–Meerwein型1,2-アルキル転位が鍵反応であるC20ジテルペノイドアルカロイドArcutine…

  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  3. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問…

  6. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  7. アルカロイドの大量生産

  8. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  9. 生合成研究の記事まとめ

  10. 砂糖水からモルヒネ?

  11. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  12. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  13. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

  14. フィル・バラン Phil S. Baran

  15. (+)-フォーセチミンの全合成

  16. ピンナ酸の不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  2. ペリプラノン
  3. イライアス・コーリー E. J. Corey
  4. アロタケタールの全合成
  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  6. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  7. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見

注目情報

最新記事

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

PAGE TOP