[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. 西田 篤司 Atsushi Nishida

    西田 篤司 (にしだあつし、1954年7月6日)は日本の有機化学者である。千葉大学学術研究・イノベーション推進機構特任教授。第21回ケムステVシンポ講師経歴1979年 北海道大学大学院薬学研究科製薬化学専攻(修士課程)修了(薬学修士…

  2. 酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

    第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

  3. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

    ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

  4. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

    60年以上不明だったマジックマッシュルームの青色化メカニズムが解明された。青色色素の構造と生合成経路…

  5. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生…

  6. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

  7. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  8. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  9. ヒアリの毒素を正しく知ろう

  10. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  11. アルカロイドの大量生産

  12. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  13. 生合成研究の記事まとめ

  14. 砂糖水からモルヒネ?

  15. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  16. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゲオスミン(geosmin)
  2. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  3. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  4. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  5. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  6. 【書籍】新版 元素の小辞典
  7. ホウ素-ジカルボニル錯体

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP