[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生合成仮説に基づいたWagner–Meerwein型1,2-アルキル転位が鍵反応であるC20ジテルペノイドアルカロイドArcutine…

  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  3. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問…

  6. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  7. アルカロイドの大量生産

  8. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  9. 生合成研究の記事まとめ

  10. 砂糖水からモルヒネ?

  11. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  12. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  13. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

  14. フィル・バラン Phil S. Baran

  15. (+)-フォーセチミンの全合成

  16. ピンナ酸の不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抗結核薬R207910の不斉合成
  2. 液体ガラスのフシギ
  3. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改
  4. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  5. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  6. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  7. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」

注目情報

最新記事

窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

第251回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科・福井識人 助教にお願いしました。…

新型コロナウイルスの化学への影響

中国で症例が確認され、爆発的に患者が増えているコロナウイルスですが、いろいろな影響が世界中で出ていま…

青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

PAGE TOP