[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. Discorhabdin B, H, K, およびaleutianamineの不斉全合成

    第578回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科分子薬科学専攻・医薬製造化学分野(徳山研)に在籍されていた下村 誠志(しもむら まさし)博士にお願いしました。徳山研では医薬に重要な生理活性を示すアルカロイド、中でも歪ん…

  2. 巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

    ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

  3. 流れる電子ッ!壊れるピリジンッ!含窒素多環式骨格構築!

    マトリン型ルピンアルカロイドの網羅的な新奇合成法が開発された。生合成仮説を模倣したピリジンの脱芳香環…

  4. 植物毒の現地合成による新規がん治療法の開発

    第 439 回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院創薬科学研究科 天然物…

  5. 西田 篤司 Atsushi Nishida

    西田 篤司 (にしだあつし、1954年7月6日)は日本の有機化学者である。千葉大学学術研究・イノベー…

  6. 酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

  7. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

  8. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

  9. Arcutine類の全合成

  10. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

  11. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  12. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  13. ヒアリの毒素を正しく知ろう

  14. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  15. アルカロイドの大量生産

  16. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有望な若手研究者を発掘ー研究者探索サービス「JDream Expert Finder」
  2. 特許資産規模ランキング トップ3は富士フイルム、LG CHEM、住友化学
  3. 2次元分子の芳香族性を壊して、ホウ素やケイ素を含む3次元分子を作る
  4. 第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」
  5. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  6. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  7. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP