[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生合成仮説に基づいたWagner–Meerwein型1,2-アルキル転位が鍵反応であるC20ジテルペノイドアルカロイドArcutine…

  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  3. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問…

  6. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  7. アルカロイドの大量生産

  8. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  9. 生合成研究の記事まとめ

  10. 砂糖水からモルヒネ?

  11. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  12. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  13. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

  14. フィル・バラン Phil S. Baran

  15. (+)-フォーセチミンの全合成

  16. ピンナ酸の不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  2. 金属を使わない触媒的水素化
  3. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  4. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  5. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  6. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  7. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP