[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

    ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑なアザ-アダマンタン骨格をHAT-ラジカル環化反応で構築したことが合成の鍵となっている。ユズリハアルカロイドユズリハから得られるユズリ…

  2. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

    60年以上不明だったマジックマッシュルームの青色化メカニズムが解明された。青色色素の構造と生合成経路…

  3. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生…

  4. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  5. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

  6. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  7. ヒアリの毒素を正しく知ろう

  8. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  9. アルカロイドの大量生産

  10. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  11. 生合成研究の記事まとめ

  12. 砂糖水からモルヒネ?

  13. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  14. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  15. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

  16. フィル・バラン Phil S. Baran

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  2. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  3. (+)-sieboldineの全合成
  4. 研究倫理を問う入試問題?
  5. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  7. ジェイ・キースリング Jay Keasling

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

PAGE TOP