[スポンサーリンク]


アルカロイド

  1. 酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

    第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機合成化学の古典的王道でもある、アルカロイドの短工程合成です。吉田さんは東北大学大学院薬学研究科(徳山研究室)在籍時に、本研究に取り組みました…

  2. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

    ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

  3. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

    60年以上不明だったマジックマッシュルームの青色化メカニズムが解明された。青色色素の構造と生合成経路…

  4. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生…

  5. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  6. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  7. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  8. ヒアリの毒素を正しく知ろう

  9. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  10. アルカロイドの大量生産

  11. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

  12. 生合成研究の記事まとめ

  13. 砂糖水からモルヒネ?

  14. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  15. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  16. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  2. カラムやって
  3. Wen-Jing Xiao
  4. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  5. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  6. SPhos
  7. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

PAGE TOP