[スポンサーリンク]


アンモニア

  1. アンモニアの安全性あれこれ

    アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいしか筆者にもなかったので、一緒にちょこっと詳しく見てみましょう。吸ったらどうなるのっていう健康への有害性、それから安定性すなわち可燃性…

  2. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

    アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脱水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

  3. 常温常圧でのアンモニア合成の実現

    第203回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻(西林研究室)博士…

  4. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

    第107回のスポットライトリサーチ。今回は早稲田大学理工学術院 先進理工学部 応用化学科 関根研究室…

  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  6. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~

  7. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素

  8. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?

  9. バーチ還元 Birch Reduction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アロタケタールの全合成
  2. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  4. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  5. タンパクの「進化分子工学」とは
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

PAGE TOP