[スポンサーリンク]


アンモニア

  1. アンモニアの安全性あれこれ

    アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいしか筆者にもなかったので、一緒にちょこっと詳しく見てみましょう。吸ったらどうなるのっていう健康への有害性、それから安定性すなわち可燃性…

  2. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

    アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脱水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

  3. 常温常圧でのアンモニア合成の実現

    第203回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻(西林研究室)博士…

  4. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

    第107回のスポットライトリサーチ。今回は早稲田大学理工学術院 先進理工学部 応用化学科 関根研究室…

  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  6. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~

  7. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素

  8. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?

  9. バーチ還元 Birch Reduction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 相撲と化学の意外な関係(?)
  2. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  3. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
  4. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  5. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  6. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  7. マット・シグマン Matthew S. Sigman

注目情報

最新記事

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

PAGE TOP