[スポンサーリンク]


アンモニア

  1. アンモニアの安全性あれこれ

    アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいしか筆者にもなかったので、一緒にちょこっと詳しく見てみましょう。吸ったらどうなるのっていう健康への有害性、それから安定性すなわち可燃性…

  2. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

    アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脱水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

  3. 常温常圧でのアンモニア合成の実現

    第203回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻(西林研究室)博士…

  4. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

    第107回のスポットライトリサーチ。今回は早稲田大学理工学術院 先進理工学部 応用化学科 関根研究室…

  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  6. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~

  7. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素

  8. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?

  9. バーチ還元 Birch Reduction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. あなたの合成ルートは理想的?
  2. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  3. 2016年2月の注目化学書籍
  4. グサリときた言葉
  5. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~
  6. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition
  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP