[スポンサーリンク]


光合成

  1. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

    2017年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、光触媒から可視光増感型電子移動機構 (Sensitization-Initiated Electron Transfer, SenI-ET) によって生じる多環性芳香族炭化…

  2. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

    第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

  3. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー

    3日連続でスポットライトリサーチです。第99回は、筆頭著者3名からの連名寄稿となります。理化学研究所…

  4. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  5. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

    神谷 信夫(かみや のぶお, 1953年7月8日-)は、日本の生化学者である。大阪市立大学教授。…

  6. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

  7. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera

スポンサー

ピックアップ記事

  1. キセノン (xenon; Xe)
  2. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  3. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  4. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  5. DNAに人工塩基対を組み入れる
  6. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  7. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis

注目情報

最新記事

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

PAGE TOP