[スポンサーリンク]

F

フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

 

概要

1,1′-ジアリール-2-ブロモエチレンからBuLiによってα脱離が起こり、カルベン転位を経てアルキンが生成する反応。

 

基本文献

 

反応機構

FBW_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  2. FAMSO
  3. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  4. カチオン重合 Cationic Polymerization
  5. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  6. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  7. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  8. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  2. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  3. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  4. サーバーを移転しました
  5. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  6. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  7. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden
  8. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  9. 秋の褒章2011-化学
  10. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP