[スポンサーリンク]

F

フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

1,1′-ジアリール-2-ブロモエチレンからBuLiによってα脱離が起こり、カルベン転位を経てアルキンが生成する反応。

 

基本文献

 

反応機構

FBW_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photored…
  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  3. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  4. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  5. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  6. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  7. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  8. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 仙台の高校生だって負けてません!
  2. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  3. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  4. 「引っ張って」光学分割
  5. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  6. 積水化学と住友化学、サーキュラーエコノミーで協力。ゴミ原料にポリオレフィンを製造
  7. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  8. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  9. 中国へ講演旅行へいってきました②
  10. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP