[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera

ダニエル・G・ノセラ (Daniel G. Nocera、1957年7月3日-)は、アメリカの無機化学者、材料科学者である(写真:India Live Today)。米ハーバード大学教授。

経歴

1979 ラトガース大学 卒業
1984 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Harry B. Gray教授)
1984 ミシガン州立大学
1990 ミシガン州立大学 教授
1997 マサチューセッツ工科大学 教授
2012 ハーバード大学教授

受賞歴

1979 American Institute of Chemists Award
2005 Italgas Prize
2006 Inter-American Photochemistry Prize
2007 Burghausen Chemistry Award
2009 American Chemical Society Award in Inorganic Chemistry
2015 Leigh Ann Conn Prize for Renewable Energy from the University of Louisville

 

研究概要

エネルギー変換の化学
Water-Splitting Catalystの開発[1] S = 1/2 カゴメ格子の合成

人口葉の開発[2]

彼らが開発した人口葉には特殊な光触媒が使われており、太陽光を当てることで水を水素と酸素に分解する。ラルストニア・ユートロファというバクテリアが水素と二酸化炭素と結合させ、アルコール燃料を合成する。この技術で変換効率6.4%でアルコール燃料を生成することに成功している。

コメント&その他

1. 146 名の学生と博士研究員、400報を超える原著論文、850回以上の招待講演そのうち110回以上のレクチャーシップ講演を行っている。

 

関連動画

 

関連論文

  1.  Nocera, D. G.; Kanan, M. W. Science 2008, 321, 1072. doi:10.1126/science.1162018
  2. Liu, C.; Colón, B. C.; Ziesack, M.; Silver, P. A.; Nocera, D. G. Science 2016, 352, 1210. DOI: 10.1126/science.aaf5039

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  2. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  3. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  4. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  5. クラーク・スティル W. Clark Still
  6. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  7. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  8. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今さら聞けないカラムクロマト
  2. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  3. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  4. ケミカル・ライトの作り方
  5. BTQBT : BTQBT
  6. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  7. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  8. 抗生物質の話
  9. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~
  10. 春季ACSMeetingに行ってきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP