[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera

[スポンサーリンク]

ダニエル・G・ノセラ (Daniel G. Nocera、1957年7月3日-)は、アメリカの無機化学者、材料科学者である(写真:India Live Today)。米ハーバード大学教授。

経歴

1979 ラトガース大学 卒業
1984 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Harry B. Gray教授)
1984 ミシガン州立大学
1990 ミシガン州立大学 教授
1997 マサチューセッツ工科大学 教授
2012 ハーバード大学教授

受賞歴

1979 American Institute of Chemists Award
2005 Italgas Prize
2006 Inter-American Photochemistry Prize
2007 Burghausen Chemistry Award
2009 American Chemical Society Award in Inorganic Chemistry
2015 Leigh Ann Conn Prize for Renewable Energy from the University of Louisville

 

研究概要

エネルギー変換の化学
Water-Splitting Catalystの開発[1] S = 1/2 カゴメ格子の合成

人口葉の開発[2]

彼らが開発した人口葉には特殊な光触媒が使われており、太陽光を当てることで水を水素と酸素に分解する。ラルストニア・ユートロファというバクテリアが水素と二酸化炭素と結合させ、アルコール燃料を合成する。この技術で変換効率6.4%でアルコール燃料を生成することに成功している。

コメント&その他

1. 146 名の学生と博士研究員、400報を超える原著論文、850回以上の招待講演そのうち110回以上のレクチャーシップ講演を行っている。

 

関連動画

 

関連論文

  1.  Nocera, D. G.; Kanan, M. W. Science 2008, 321, 1072. doi:10.1126/science.1162018
  2. Liu, C.; Colón, B. C.; Ziesack, M.; Silver, P. A.; Nocera, D. G. Science 2016, 352, 1210. DOI: 10.1126/science.aaf5039

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  2. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  3. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudde…
  4. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  5. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  6. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  7. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  8. ベン・シェンBen Shen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授
  2. 化学の力で迷路を解く!
  3. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  4. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  5. バイアグラ /viagra
  6. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  7. 理系のための口頭発表術
  8. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  9. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  10. メカニカルスターラー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP