[スポンサーリンク]


光遺伝学

  1. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

    新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に至った。タイトルおよび説明はシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語で読める科学まとめ雑誌である「Natureダイジェスト」2…

  2. エド・ボイデン Edward Boyden

    エドワード・ボイデン(Edward Boyden, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者…

  3. フェン・チャン Feng Zhang

    フェン・チャン(Feng Zhang, 1982年xx月xx日(中国生)-)は、アメリカの生化学者、…

  4. カール・ダイセロス Karl Deisseroth

    カール・ダイセロス(Karl Deisseroth, 1971年11月18日-)はアメリカの神経科学…

  5. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

    前回の記事では、脳/神経科学研究の進展に革命的な寄与を果たした技術「オプトジェネティクス」について簡…

  6. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  2. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  3. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒
  4. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より
  5. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  6. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  7. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

PAGE TOP