[スポンサーリンク]

一般的な話題

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者のあり方に革命をもたらすといわれる。AI が良き相棒となるか人間の雇用を奪うかをはじめ、デジタル技術が人間の仕事にどんな影響をもたらすか、3 つの観点で検証した。

タイトルおよび説明はシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語の科学まとめ雑誌である「Natureダイジェスト」1月号から(画像クレジット:CHRIS MALBON)。最新サイエンスを日本語で読める本雑誌から個人的に興味を持った記事をピックアップして紹介しています。過去の記事は「Nature ダイジェストまとめ」を御覧ください。

AI時代の仕事と雇用

1月号の特集記事より。多くの人が期待と恐れを感じている人工知能(AI)。このブログを見ている人は研究においてAIの活用がどこまで研究活動を楽にし、そして仕事を奪っていくのか、気になる人が多いと思います。前者はAIの肯定的な見方(チャンス)、後者は悲観的な見方(リスク)ですね。

さて、本記事ではスタンフォードで非常勤教授であるセバスチャン・スランの試みから話が始まります。ちなみにこの人大学教授としてというよりも、グーグルグラスを開発したGoogle Xの創設者としての方が有名ですね。

彼は現在社長としてオンライン授業を提供する「Udacity」の営業部門のテコ入れにAIを使いました。具体的にはオンライン授業の受講に関して問い合わせにオンラインチャットで担当する営業担当者の手助け。問い合わせ事項を集めて、受講者の獲得につながったもの、よくある質問に対する回答を学習させたのです。

こうして出来上がった、「デジタル営業アシスタント」を実際のオンラインチャット担当の営業と”働かせ”ました。実際には、プログラムが適切な応答を提案したものを、そのまま返信したり、少し手を入れて返信する。こうした作業だけで、これまでの2倍の見込み客に同時に対応することができるようになり、応対が売上に結びつく割合も高くなったそうです。

この話はAIをうまく使った好例ですが、記事ではそれ以外にも3つの切迫的な問題を紹介してます。

ここで語る3つの切迫的な問題とは

機械学習は熟練労働者を不要にするか?

・ギグ・エコノミー拡大で労働者からの搾取が進む?

・デジタルスキルの格差は解消できるか?

です。7ページに渡り、その問題に対しての対応策などを述べているのでぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

国際単位系(SI)が変わる

より高精度の基準が、宇宙の測定方法を変えるかもしれない。

先日「キログラム定義の変更」について記事を公開しました。現行のキログラムの定義(国際キログラム原器)を改定し、定数によってキログラムを決めようという試みです。実はそれだけでなく、他の国際単位系についても同様な試みがなされています。7つの基本単位がありますが、そのうちキログラム(kg)に加えて、アンペア(A)、ケルビン(K)、モル(mol)の4つを改定しようとしています。以下に改定後の国際単位系についてのまとめを引用します。

図. 国際単位系はこう変わる(出典:Natureダイジェスト)

 

正直、日常生活ではまったく変わりません。記事では、現行の問題点や将来的にどの程度現状の不確かさが解消されるのか、図をつかってわかりやすく述べています。この”小さな”変更が影響する研究を行っているひとには大ニュースですね。定義が認められれば2019年5月に施行されるということです。

その他と特別公開記事

本号には、ケムステでもとりあげた、David Liuらの「一塩基変換法の開発」についてのニュースもありました(「4種の塩基置換に対応した「一塩基エディター」)。記事は大変わかりやすくかいてありましたが、余談ですがなんとアイキャッチ画像が一緒でした。我々も画像を購入しているので、たまたま一致したようです。こんなことってあるんですね。

さて、今月号の特別公開記事は「実験者の性別がケタミンの作用を左右する?!」「第19回 Nature Café 〜芸術はなぜ人の心を動かすのか〜「音楽と医学の学問的融合の発展を目指して」レポートの2つ。前者は短い記事ですが、マウスにケタミンを投与する実験で、投与者が男性の場合にだけ、マウスに抗うつ作用が見られるという最近の研究について述べています。後者は、「Nature Café」というトップサイエンティストを囲んで行うサイエンス・カフェの様子をレポートしたものです。今回は、ヴァイオリニストで東京藝術大学学長である澤和樹氏をパネリストとしてよんで、音楽と科学との関係について述べています。一見全く逆のダイレクションであるような2つを話題にして、それらの共通性や融合可能性について述べています。

2記事とも無料で読めますので、ぜひお試しあれ。

研究室購読

昨年から研究室購読をはじめて、1年が経ちました。研究室ではパラパラとめくられ、たまに話題にされる程度ですが、本年度も続けて購読したいと思います。卒論・修論など慌ただしい時期となっていますが、気分転換にぜひ購読してみてはいかがでしょうか。

過去記事はまとめを御覧ください

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オープンアクセスジャーナルの光と影
  2. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  3. JACSベータ
  4. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  5. 研究者へのインタビュー
  6. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  7. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  8. プロドラッグの話

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  2. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cyclization
  3. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  5. サリチル酸 (salicylic acid)
  6. デンドリマー / dendrimer
  7. なぜあなたは論文が書けないのか
  8. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  9. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  10. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP