[スポンサーリンク]

一般的な話題

超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

[スポンサーリンク]

新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に至った。

タイトルおよび説明はシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語で読める科学まとめ雑誌である「Natureダイジェスト」2019年10月号から(画像クレジット:PIETER BAUERMEISTER/AFP/Getty Images)。

最新サイエンスを手軽に日本語で読める本誌から個人的に興味を持った記事をピックアップして紹介しています。過去の記事は「Nature ダイジェストまとめ」を御覧ください。

超多剤耐性結核の新しい治療法

本誌のNews in focusから。2019年に超多剤耐性結核治療薬として承認された新薬に関する話です。新薬の名前はプレトマニド(pretomanid)

ベダキリン(bedaquiline, 2012年承認)、デラマニド(delamanid、2014年承認)抗結核薬としては 3番目の薬になります。ただ、なんと50年で3つしか承認されていません。対象が貧困層であるため、新薬開発が行われなかったことが原因です。近年は、研究者が政府からの援助や慈善家からの寄付金があるため、新薬開発が行われているらしいとのこと。

多剤耐性結核の治療薬

 

既存の薬と併用すれば、超多剤耐性結核(XDR TB)患者の90%近くが治癒に至る可能性があると述べられています。ただし、問題は薬価が高いこと。6カ月間の服薬に数百ないし数千ドル。

記事内でも、

「この療法が1日1ドル前後に収まればいいのですが」

という嘆きが記載されています。ニュースでもよくあるように抗結核薬に関わらず新薬の投与には同様の価格問題を抱えているのが現状ですね。投薬で100%完治できるような病気でも、お金がかかって試せない・治せないというのは大変残念なことだと思います。

光遺伝学でマウスに幻視を誘発

行動実験の証拠から、わずか20 個のニューロンを標的とするだけで、マウスがイメージを「見る」ことが示唆された。

同じく、News in focusから。スタンフォード大の天才神経科学者Karl Deisserothの研究結果です。

光遺伝学(optogenetics)を提唱し、様々な驚くべき研究結果を報告している彼ですが、今回はマウスに幻視をみさせて、そのときに”反応”したニューロンを約20個特定したとのこと。原著は以下の論文ですので、そちらも合わせてお読みください。

“Cortical layer–specific critical dynamics triggering perception”

Marshel J. H. et al. Science 2019, 365, eaaw5202, DOI: 10.1126/science.aaw5202

画像を生じるセンサーの隣にいるマウスと研究に使われた装置(出典:Natureダイジェスト)

 

6 人プレイのポーカーでAI がプロに勝利

人工知能(AI)がポーカーの中でも特に複雑な6 人プレイの「テキサスホールデム」で人間に勝利した。

ゲームの世界では次々と人間がAIに敗北していますね。

チェスAI「ディープブルー」や囲碁AI「アルファ碁ゼロ」など多様なゲームAIが開発されていますが、今回の記事はさらに困難な複数対戦でAIが勝利したという話です。

勝利したのはポーカーAI「Pluribus」。Pluribusは、12日間のセッションで1万ゲームをこなし、人間1人とPluribus 5体で行ったゲームと、人間5人とPluribus 1体で行ったゲームで、計15人のトップポーカープレーヤーに勝利したとのこと。動画もありましたので、紹介します。

研究活動においても様々な分野で話題となり、利用が報告されているAI。これが研究の分野で真に活躍するのもそう遠くない未来なのかもしれません。

これらの記事は特別無料公開!

Natureダイジェストには毎回一部の記事が無料公開となっています。今回の無料公開記事は3つ。

1つめは「やっぱり高い英語の壁」。7人の研究者にプライベートや仕事に関して経験した言葉の壁について語ってもらっています。

私も、海外で講演した際の質問に答えるときに、ネイティブのようにうまい言い回しができたらなあとつくづく思います。また敷居の高い論文誌に投稿するときはネイティブの友達に英文校閲をしてもらうのですが、こんな言い回しがあるのかと感心します。これは科学と関係ないですが、残念ながら科学で必要なスキルです。

英語圏の人から、母国語以外に言葉が話せてうらやましいといわれたことはありますが、個人的にはやっぱり大きなディスアドバンテージだと感じています。

2つめは「150 years of Nature anniversary articlesNatureの創刊150周年を記念し、Natureと研究コミュニティーの過去、現在、未来を俯瞰できる特別記事が掲載されました。記事はその日本語の要約です。化学分野では「化学合成:有機合成のデジタル化」(The digitization of organic synthesisというタイトルで、記事が公開されています。

最後は「研究のプロセスも高く評価する論文形式」です。Registered Reports(査読付き事前登録研究論文)という新しい形の論文について述べています。化学分野ではどういう論文になるか想像できないですが、新しい試みですね。

最新科学を知るということ

さて、今月号も興味のあった記事を紹介しました。もちろん他にも様々な科学分野の最新記事を読むことができます。読み物としてさらっと読める内容ですし、なにより科学の進展を知るのに役に立ちます。年をとってくると、特に海外の学会などでそういう話になることが多いんですよね。そもそも日本語でも知らなければ話にも入れません。

無料記事を確認してみてよかったら個人購読をおすすめします。

毎号のコンテンツを配信している(毎月)ニュースレターもありますので、まずはここから登録してみてはいかがでしょうか。登録はこちら

過去記事はまとめを御覧ください

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. “CN7-“アニオン
  2. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  3. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  4. 化学クラスタ発・地震被害報告まとめ
  5. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?
  6. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  7. DNAに人工塩基対を組み入れる
  8. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  2. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  3. 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現
  4. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis
  5. A値(A value)
  6. アルケニルアミドに2つアリールを入れる
  7. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  8. ヘリウム (helium; He)
  9. bothの使い方
  10. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP