[スポンサーリンク]


触媒反応

  1. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

    水素結合によりアニオンを捕捉することで、対カチオンは活性化され高いルイス酸性をもつ。そのルイス酸によって不活性な求電子剤をも活性化させる手法が報告された。キラルな水素結合供与性分子触媒エナンチオ選択的な化合物の合成手法としてキラルな…

  2. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  3. 最近の有機化学注目論文3

    注目の有機化学論文を紹介する記事第三弾。できるだけシリーズ化していきたいと思います。【有機反応・…

  4. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応

    ヨウ素は容易に酸化されて原子価を拡張し、オクテット則を超える超原子価ヨウ素を形成します。高い…

  5. フェノールのC–O結合をぶった切る

    化石燃料の枯渇が問題視される昨今、環境調和や再生可能エネルギーの観点からバイオマ…

  6. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 天然物化学談話会
  2. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  3. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  4. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  5. アロタケタールの全合成
  6. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  7. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

PAGE TOP