[スポンサーリンク]


触媒反応

  1. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシクロプロパン化が抑制され、四置換オレフィンを効率的に合成することができる。Catellani反応とシクロプロパン化Catellani…

  2. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

    川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

  3. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

    水素結合によりアニオンを捕捉することで、対カチオンは活性化され高いルイス酸性をもつ。そのルイス酸によ…

  4. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  5. 最近の有機化学注目論文3

    注目の有機化学論文を紹介する記事第三弾。できるだけシリーズ化していきたいと思います。【有機反応・…

  6. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応

  7. フェノールのC–O結合をぶった切る

  8. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する
  2. グラーメ・モード Graeme Moad
  3. ケミカル・アリに死刑判決
  4. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  5. 【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)
  6. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  7. 鉄触媒を使い分けて二重結合の位置を自由に動かそう

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

PAGE TOP