[スポンサーリンク]


錯体

  1. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

    β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で錯形成を行うことができ、Cp配位子と金属のスクリーニングが容易になると期待される。 β–炭素脱離反応を用いる錯形成?シクロペンタジエ…

  2. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

    先日より公開している「ケムステ海外研究記」、引き続き数人に依頼を進めております。知人づてですのでそこ…

  3. サレン-Mn錯体

    (さらに…)…

  4. A-Phosパラジウム錯体

    (さらに…)…

  5. π-アリルパラジウム錯体

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  2. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  3. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  4. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  5. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  6. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  7. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

PAGE TOP