[スポンサーリンク]

archives

A-Phosパラジウム錯体

mfcd09265123.gif

 
Aldrich

A-Phosパラジウム錯体:Bis(di-tert-butyl(4-dimethylaminophenyl)phosphine)dichloropalladium(II)
CAS: 887919-35-9
製品コード: 678740 
値段: 1 g 23,600 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: ヘテロ原子を有する基質のカップリング反応において、1 mol%の触媒量で、種々の塩化アリールとアリールボロン酸のカップリング反応が極めて高い収率で進行する。
文献: Guram et al. J. Org. Chem. 2007, 72, 5104.
その他のパラジウム錯体: 鈴木-宮浦カップリングに効率的なA-Phosパラジウム錯体(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. Grubbs第二世代触媒
  2. (-)-MTPA-Cl
  3. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  6. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  7. イリジウム錯体:Iridium-complex
  8. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  2. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  3. M.G.フィン M. G. Finn
  4. イボレノリドAの単離から全合成まで
  5. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  6. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  7. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  8. ダイヤモンドは砕けない
  9. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化
  10. Thomas R. Ward トーマス・ワード

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP