[スポンサーリンク]

archives

A-Phosパラジウム錯体

mfcd09265123.gif

 
Aldrich

A-Phosパラジウム錯体:Bis(di-tert-butyl(4-dimethylaminophenyl)phosphine)dichloropalladium(II)
CAS: 887919-35-9
製品コード: 678740 
値段: 1 g 23,600 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: ヘテロ原子を有する基質のカップリング反応において、1 mol%の触媒量で、種々の塩化アリールとアリールボロン酸のカップリング反応が極めて高い収率で進行する。
文献: Guram et al. J. Org. Chem. 2007, 72, 5104.
その他のパラジウム錯体: 鈴木-宮浦カップリングに効率的なA-Phosパラジウム錯体(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  2. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  3. ニュースタッフ参加
  4. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  5. ケムステの記事が3650記事に到達!
  6. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  7. チアゾリジンチオン
  8. 進化する カップリング反応と 応用展開

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  2. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  3. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  4. BTQBT : BTQBT
  5. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  6. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  7. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  8. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  9. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  10. シラフィン silaffin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP