[スポンサーリンク]

archives

A-Phosパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

mfcd09265123.gif

 
Aldrich

A-Phosパラジウム錯体:Bis(di-tert-butyl(4-dimethylaminophenyl)phosphine)dichloropalladium(II)
CAS: 887919-35-9
製品コード: 678740 
値段: 1 g 23,600 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: ヘテロ原子を有する基質のカップリング反応において、1 mol%の触媒量で、種々の塩化アリールとアリールボロン酸のカップリング反応が極めて高い収率で進行する。
文献: Guram et al. J. Org. Chem. 2007, 72, 5104.
その他のパラジウム錯体: 鈴木-宮浦カップリングに効率的なA-Phosパラジウム錯体(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)
 

関連記事

  1. 【3月開催】第六回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機金…
  2. 芳香環シラノール
  3. 金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™…
  4. 第3回「Matlantis User Conference」
  5. 電化で実現する脱炭素化ソリューション 〜蒸留・焼成・ケミカルリ…
  6. Nsアミン誘導体
  7. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  8. 樹脂コンパウンド材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学術オンラインコンテンツ紹介(Sigma-Aldrichバージョン)
  2. 書物から学ぶ有機化学 3
  3. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  4. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~
  5. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  6. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  7. 結晶世界のウェイトリフティング
  8. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  9. 触媒と光で脳内のアミロイドβを酸素化
  10. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

実験条件検討・最適化特化サービス miHubのメジャーアップデートのご紹介 -実験点検討と試行錯誤プラットフォーム-

開催日:2023/12/13 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

カルボン酸のb位C(sp3)–H結合を直接臭素化できるイソキノリン配位子が開発された。イソキノリンに…

【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

保護基の使用を最小限に抑えたペプチド伸長反応の開発

第584回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

【ナード研究所】新卒採用情報(2025年卒)

NARDでの業務は、「研究すること」。入社から、30代・40代・50代……

書類選考は3分で決まる!面接に進める人、進めない人

人事担当者は面接に進む人、進まない人をどう判断しているのか?転職活動中の方から、…

期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

π共役系配位子と金属が交互に配位しながら環を形成したサンドイッチ化合物の合成が達成された。嵩高い置換…

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基…

中国へ行ってきました 西安・上海・北京編①

2015年(もう8年前ですね)、中国に講演旅行に行った際に記事を書きました(実は途中で断念し最後まで…

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP