[スポンサーリンク]

archives

A-Phosパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

mfcd09265123.gif

 
Aldrich

A-Phosパラジウム錯体:Bis(di-tert-butyl(4-dimethylaminophenyl)phosphine)dichloropalladium(II)
CAS: 887919-35-9
製品コード: 678740 
値段: 1 g 23,600 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: ヘテロ原子を有する基質のカップリング反応において、1 mol%の触媒量で、種々の塩化アリールとアリールボロン酸のカップリング反応が極めて高い収率で進行する。
文献: Guram et al. J. Org. Chem. 2007, 72, 5104.
その他のパラジウム錯体: 鈴木-宮浦カップリングに効率的なA-Phosパラジウム錯体(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)
 

関連記事

  1. HTTPS化とサーバー移転
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  3. π-アリルパラジウム錯体
  4. モリブデン触媒
  5. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  7. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・スティル John K. Stille
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  3. 励起状態複合体でキラルシクロプロパンを合成する
  4. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  5. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より
  6. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  7. 海外で働いている僕の体験談
  8. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  9. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  10. はしか流行?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP